« ラブライブ!サンシャイン!!・第11話 | Start | 甘々と稲妻・第11話 »

Re:ゼロから始める異世界生活・第24話

前のループでは最後にスバルに怠惰が乗り移ってスバルを殺さざるを得なくなった。そして死に戻った先のセーブポイントは白鯨討伐が終わって次に魔女教との作戦を練っている場面。

前回の痛い結果を踏まえてスバルは作戦の打ち合わせで新たな情報提供をする。即ち大罪司教の怠惰は憑依する先を変えて出現する。ユリウスによると確かにそう言うのはありえる事で、魔女教の間でのみ発動が可能だと言うのだ。であるならば、先に憑依先の指先を潰してしまえばそれも防げるだろう。

ちょっと待って下さい。前回最後にスバルに憑依されちゃったんだよね。だからスバルは恐る恐る聞いてみた。自分もそんな体質みたいなんだけどと。なんだってー。
参考資料

その点だけは置いておいて、前回の教訓を最大限に生かした作戦が始まった。例の白紙の親書についてはスバルがメッセージボードを掲げて手違いがあったごめんと言うメッセージをラムに伝える。だからすんなりラムはヴィルヘルムをロズワールの城のエミリアの所へ連れて行ける。

エミリアは白紙の親書が宣戦布告と思ったので村人を避難させようとしたものの、誰からも信頼されずに居た所だった。自分が説得しようとしても相手にされなかったのが何もかも手配されていたのに寂しい気持ちを覚えたエミリアだったが、そう言う感傷に浸る余裕なく謎のローブの男が危険が迫っているので一刻も早くと飛び込んで来る。
参考資料
一体誰なんだローブの男。

村人の避難の段取りをしたのはスバル。これも教訓を踏んで真摯にお願いする。「スバル様」にこうまで言われたら言うとおりにするしかない。村人の避難は急ピッチで進行した。そこにエミリアがやって来たが、数少ない竜車に自分と一緒に乗るのを希望する人達なんて居ないと思い込んでいる。それをローブに身を包んだスバルが(あ、言っちゃったw)だったらペトラ達に聞いてみようと聞いてみたら、ペトラ達はみんなエミリアと一緒に避難したいと言った。

こうしてエミリアは村人達と避難。そこに最強の護衛としてヴィルヘルムが託される。この場面を見た瞬間は「ヴィルヘルムさん、居なくなっちゃうの?」と思ったが、エミリアを守りたい気持ちからなんだろうな。

魔女教のスパイの方も先に片付けて、逆に魔女教に先んじた動きをする。こうしておいてスバルはペテルギウスに会いに行った。今回は魔女の祝福を受けし者としてめいっぱいの好意的な雰囲気で。ペテルギウスはそれに対して抱擁を以て受け入れる。

だが、福音書を取りだした段階でパトラッシュがペテルギウスを吹っ飛ばし、ここからペテルギウスとの本格的な戦いとなった。見えざる手を持つペテルギウスはスバルが誘き出して残りの魔女教の教徒はミミ達が片付ける。

嘗てスバルが投身した場所までペテルギウスをおびき寄せてここで決着をつける。そこには最優の騎士ユリウスが推参。お互い大嫌いだと言いながら信頼関係を気づいた二人はスバルの見えざる手の視覚情報をユリウスが共有してペテルギウスと戦う。でもそのからくりは言っちゃダメだろう。ペテルギウスがスバルを片付けるのを優先しちゃうじゃないか。もっとも、そんな余裕を与えないのかもしれないが。

「君の目で私が斬ろう、我が友ナツキ・スバル」
参考資料
ユリウスさん、スバルを我が友認定。

さて次回最終回、スバルへの憑依は一体どうやって対策するのか。

|

« ラブライブ!サンシャイン!!・第11話 | Start | 甘々と稲妻・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64195471

Folgende Weblogs beziehen sich auf Re:ゼロから始める異世界生活・第24話:

« ラブライブ!サンシャイン!!・第11話 | Start | 甘々と稲妻・第11話 »