« Re:ゼロから始める異世界生活・第24話 | Start | NEW GAME!・第11話 »

甘々と稲妻・第11話

つむぎの幼稚園のおゆうぎ会でハナが一緒にヨシコちゃん  をやろうと言うが、つむぎはガリガリさんをやりたいと言う。そんなのおかしいと文句を垂れるハナだが、他人がやろうとしている物にケチつけるな。まあ幼稚園児だから仕方ないが、それでつむぎが悲しい気持ちになっちゃった。

一方小鳥のクラスでは文化祭にクレープ屋をやる事になっていたのに、他に2クラスもクレープ屋が出る事が発覚。しかもメイド服のクレープ屋とからしいので、こちらも何かウリが無いといけないと緊急ホームルームが開催される。水着クレープ屋とか通らなそうなもののウケそうな案が出るが、いつもつむぎがお弁当を美味しそうに食べている上に、母がテレビに出る料理研究家と言う所から何かウリになるクレープが無いかと期待される。最初は戸惑っていた小鳥も食べたいクレープって何とか言われると食いしん坊の性が新たなクレープを網だそうと萌えてしまった。
参考資料

公平も最後にクレープを食べたのはいつだったかと思いつつ、そう言えば未だつむぎにクレープを食べさせた事が無かったなと。そして初めてのクレープはお父さんの手作りと言うつむぎを想像してニヤニヤとしてしまった。

そう言う小鳥と公平の思惑が一致して今回はクレープを作ってみようと言う事になる。さっそく公平はつむぎにクレープの話を持ち出すが、ハナとの仲違いの方を気にしているつむぎはお父さんはいっつも食べ物の話ばかりで女の子の話をしないと文句をつける。女の子の話ってなんだ、いや、視聴者は見てるからハナとの件だと分かるけど。

この件は一応翌日保護者と先生とを介して仲直りの儀式をするものの、それですんなり終わる訳でもない。

だから恵でクレープの会をはじめてもイマイチなつむぎ。ただ、しのぶと八木も来ているのでパーティーの感じなのには喜んだ。

今回作るのはさつまいもクレープ。材料の準備をする中で、小鳥や公平の薄力粉の篩い方を見てられなくなった八木が手を出すが、そこはちゃんとふたりにやらせろとしのぶが睨む。そう言う会なんだよ、ここは。

さつまいもの皮を剥いて断片化。今回もちょっとだけつむぎがお手伝いするが、小鳥はそんなつむぎにどんどん置いて行かれる気分になってしまう。
参考資料

芋がゆであがったらマッシャーで潰す。これ、そう言う名前なんですかと言う以前に私はそう言う道具があるのも知らなかった。

バターをひいたフライパンでクレープの生地を焼く。ひっくりかえすと良い感じに焦げ目が・・・え?そうなの?私の記憶するクレープって綺麗なままだった様な気もするが。

今回は三角の形にしないで封筒の様に中身を包む。つむぎは初めて見るクレープがこの形で良かったのだろうか。子供って結構形の印象で善し悪し決めるからなあ。でも甘々で味の方は良かった様だ。

そして気がかりのハナとの件、小鳥の自分の好きな事で他の人が喜んで貰えるのが嬉しいと言うのと、いつ買ったのかそれをどう加工するのか分からない公平のガリガリさんの衣装とでつむぎは改めてハナに自分のやりたい事を見せる事にする。

八木がこれで大丈夫かと心配したのは杞憂で公平によっておそるべき精巧に作られたガリガリさんの衣装にすっかりハナは参ってしまった。そのせいでおゆうぎ会はガリガリさんが増殖するのだが。

学校の文化祭の方は小鳥のさつまいもクレープが当たって繁盛。もう一宣伝と小鳥は魔女のコスチュームでかり出される。
参考資料
こ、これは、魔女コスって色々な作品があるが、ウィッチクラフトワークスか山田くんと7人の魔女を連想するなあ。

|

« Re:ゼロから始める異世界生活・第24話 | Start | NEW GAME!・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64199684

Folgende Weblogs beziehen sich auf 甘々と稲妻・第11話:

« Re:ゼロから始める異世界生活・第24話 | Start | NEW GAME!・第11話 »