« 甘々と稲妻・第12話・最終回 | Start | 魔装学園H×H・第12話・最終回 »

NEW GAME!・第12話・最終回

ついにフェアリーズストーリー3がリリースされる日となった。青葉達は新宿で待ち合わせをして販売されるお店の前へ。ひふみとはじめが未だ来てないと思ったら既に並んでいる。待ち合わせにしておいて並んでいるとかどうかと思ったが、今はリアルに連絡を取れる時代だからこれでも良いのか。昔だったら待ち合わせ場所に居ないと噴飯物だったのに。

会社から貰えるのに何並んでるんだろうと不思議に思われたが、特典狙いだとか。特典も会社からとコウは言うが、今年から経費節減で一部の人にしか特典が行かないらしい。折角なのでと青葉とゆんも並んでしまう。ただ、そうすると特典盤と通常盤の二つになってしまってどうしようと言うのは、青葉は売ってしまえば良いと。これ、最終回だからこの台詞がサブタイにならなかったんだろうなw

列の整理はコスプレ店員さんが行う。ゆんがちょっと違うと言うものの、いくらデザインしたからってそんなに拘らなくても、普通の人は喜んでるんだからと見てみたらはじめ達も喜んで写真撮ってる。しかもゲームの中で登場するからこんなポーズしてくれと。
参考資料
それは関係者バレでヤバイ。

関係者バレはこのあと青葉も思わずレジでやってしまう。まあこれはイチイチレジの店員さんが余計な事を言ったから釣られた訳だが。しかし行列にもファンのレジ店員もみんな女性って事はどう考えてもフェアリーズストーリーは腐女子向けのゲーム。いや、この世界はみんな女の子に見える妄想界だったか。

はじめが何故か二個も特典盤を買っていたが、片方はねねの物だそうだ。そしてねねは別の店でやはり特典盤を二個買って異なる特典を得ようと言う物。いつのまにかねねっちとはじめが意気投合している。

しかしここでねねが余計な事を口走る。コナーが闇オチとか。それに釣られてはじめもネタバレ。これは流石にまずい。さっき関係者とか口走ったし。慌ててその場を立ち去る面々。

ネットを見てみると既にラスボスはコナーとかが拡散されはじめている。この画面、細かいな。
参考資料
Twitter検索らしき画面でハッシュタグが#FS3、検索語をコナーにして調べてる。確かにさっきの言葉がどう拡散したのかを調べるならこれだろう。

ただ2周目行きますとか言うツイートも発見してこれならフラゲプレヤーの事だろうと思って貰えそう。ほっと胸をなで下ろすねね達。だがうみこが感づいたw 取り敢えず誤魔化したけど。


フェアリーズストーリー3は順調に販売開始して会社主催の打ち上げパーティー。コウの挨拶のあとにしずくの挨拶があって乾杯。キャラの声をあてた声優さんのサインを貰おうとはじめやねねのみならずひふみまでも。でもひふみが一人で行けないからと青葉を伴ったが、この段階でやっと青葉がこの人がムーンレンジャーの声もやっていた人だと気が付く。絶対音感無かったか。

しずくは次のシリーズではコウにアートディレクターをやって貰いたいと考えていると言う。じゃありんは?と言うとりんには今のプロデューサーと一緒にプロデューサーを。そんな自分じゃみんなついて来ないと渋るコウ。何故ここまでリーダーになるのを忌避するのだろうかと思ったら、しずくが青葉に話した内容によるとシリーズ2の時に一度アートディレクターをやって空回りしてその挙げ句に新人が半年でやめてしまった事があったのだそうだ。

でも青葉は分かっていた。コウはそんな事があったかもしれないが、過去も今も優しい人なのだと。そして青葉はコウからはじめてのサインを貰ってやっと「ひとつの夢が叶いました!」青葉はサイン貰う為にコウの所に来た訳じゃなくて、これからもずっとコウについて行きたいと言うのだ。
参考資料

アニメ作品はクールで一区切りするから原作のどこかで切らなくちゃならないのだが、このシリーズは青葉がイーグルジャンプに入社してフェアリーズストーリー3をリリースして憧れのコウからサインを貰えるたと言う非常にまとまった構成で描かれたと思う。

私はねねっちが大好きだったけどねw
どうすんだよ、次のシリーズからデバッグは外注で「私、頭よくないから」と言う一橋大生のねねっちは。

|

« 甘々と稲妻・第12話・最終回 | Start | 魔装学園H×H・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64236837

Folgende Weblogs beziehen sich auf NEW GAME!・第12話・最終回:

« 甘々と稲妻・第12話・最終回 | Start | 魔装学園H×H・第12話・最終回 »