« Re:ゼロから始める異世界生活・第19話 | Start | NEW GAME!・第6話 »

甘々と稲妻・第6話

しのぶの家はすきっぷ通りの八百屋さんらしい。小鳥の母恵がいつも出かけるので小鳥は大丈夫かななんて心配したら学校の先生がよく様子を見に来てくれるそうだからと言い、熱心な先生もいるものだねと感心されている。

いや、理由が違うんですがw

そんな小鳥の所にしのぶが差し入れの料理(あれ、何?)を持って行く。あー、やはり店と家は別なんだ。家に居ないからと店に行ってみたらそこには男が。まあつむぎが居るから単なる密会とは思わないかもしれないけど、しのぶに見られて真っ青になる小鳥。
参考資料

事情を聞いてじゃあ今度はしのぶも加わってみんなでパーティーしようかと言われたつむぎは大喜び。でもパーティーと聞いて思い浮かべるのはやはり友達との誕生日パーティーみたいなものだった。

幼稚園の友達への招待状を書くのだが、それを知って公平は慌てる。あそこに園児たちを連れて行く訳にはいかない。幼稚園の友達を招待するのはダメと言われて残念がるつむぎに、じゃあ友達は家に招待して別口でパーティーやろうと言うと二度もパーティーをやれるとつむぎは納得。

さて恵でのパーティーは何にするかと考えたらつむぎの作った三日月招待状が餃子に見えて、思わずつむぎの口の中がじゅるじゅるっとしたので餃子に決定。それを小鳥に話すと小鳥も口の中がじゅるじゅるっと。同じレベルか。

当日はしのぶが家から野菜を持って来る。小鳥としのぶはつむぎからの招待状を貰って喜ぶ。そんな和気藹々とした所に誰かやって来た。あれ?お客さん?と思ったら、あの八木だった。ああ、確かにつむぎから見たら身内だからね。公平は驚くけど、しのぶは全然気にしないで招き入れて八木も加わっての餃子作りとなった。

さっそくレシピをみながらいつもの小鳥と公平の料理開始。皮の方が準備が出来たところで中身の方の準備。ところが白菜とキャベツを処理する段階でしのぶと八木が始めたらこれが非常に手際よい。あとから明かされるが八木は店をやってるのだそうだ。しのぶはいつも家の手伝いしてるから手馴れている。と言う事でここで料理できる組と料理できない組にすっかり分かれてしまう。

中身も出来て次はそれを皮で包む作業。適量を取って棒状にして小さく切ってそれを伸ばして皮に。そこに中身を入れて包む。これまた八木がぱぱっと手際よくやってしまって小鳥と公平はもう一度ゆっくりやってと頼まなくちゃならない。やり方が分かって公平とつむぎと小鳥で皮包みをするのだが、その小鳥の様子を見てしのぶは気が付いた事がある。
参考資料

あんた、先生のこと好きでしょ
小鳥はあのつむぎと一緒に料理を順番に作っていく時間を大事にしてるんじゃないのかと。だって、笑顔が違う。確かにそうなんだが、小鳥はしのぶが来てくれた事も嬉しい。

戻ってみたらもう八木が餃子を焼き始めていた。これを見てしのぶが怒る。こいつ分かってないと。そして八木を引っ込めて公平・つむぎ・小鳥に焼かせる。ここはそう言う会じゃないんだ、天然記念物って守りたくなるだろと。天然記念物かよw

それを見せられた八木「またこう言う役回りなのか」
あ、ひょっとして公平と亡くなった奥さんとそう言う役回りをしたのかな。
参考資料

焼き餃子が出来て、残りの皮を使って水餃子。そして八木の持って来た材料で手羽餃子。そんなのあるのか。

おいしく頂いている時に小鳥はしのぶにまた一緒に作ろうねと言うけど、しのぶは天然記念物を守りたいので自分は忙しいからいつかまたねと。

今晩は餃子・・・と思ったけど、材料をもう買っちゃってあるので明日かな。

|

« Re:ゼロから始める異世界生活・第19話 | Start | NEW GAME!・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64033292

Folgende Weblogs beziehen sich auf 甘々と稲妻・第6話:

« Re:ゼロから始める異世界生活・第19話 | Start | NEW GAME!・第6話 »