« 魔装学園H×H・第7話 | Start | ReLIFE・第8話 »

クロムクロ・第20話

揚陸城では由希奈が動き出す。最初は怖いよーと言っていたけど、自分でも何とかしなくちゃと。

研究所の方では様々な警報によって司令室が惑わされている隙にクロムクロが動き始めていた。それを知ったグラハムは由希奈も居ないのに動いたと言う事は、ハウゼンに聞いていた雪姫でも起動可能だろうと言う話を思い出して雪姫の様子を見ると、牢の鍵が開けられて居なくなっている状態だった。

すぐさまGAUS1号機と2号機でクロムクロの阻止を図ろうとするものの、GAUSは最上位命令によってシステムロックで動けない。こんな事が可能なのはもう所長しかいないと、グラハムは直ちに洋海の反乱と理解して拘束に出た。グラハム、有能だよね。でももう後の祭りだが。
参考資料

ソフィーは例の鬼=ゼルとの話を続けている。ゼルの話で全体の話の流れが随分はっきりした。エフィドルグの目的は征服した先の完全支配。植民地とかそんなレベルではない。そしてゼル自身の星もエフィドルグの侵略によって征服されてしまった。今来ているのは偵察隊であって、その後本体が1000隻程もやって来る。うーん、あの揚陸城が1000隻じゃ地球の科学力では全く歯が立たないな。

ゼルは地球も同じ轍を踏まない様に、そしてエフィドルグへ復讐する為に来たのだが、地球人からは鬼扱いされてまともに接触出来ず、その為少しづつ情報を渡す事にしたのだと言う。それがあの戦国時代、剣之介の会った鬼だったのかな。でもゼルはそんなに長寿の生命体と言う事だろうか。

洋海の反乱でクロムクロが出てしまった混乱状態の研究所はソフィーにも連絡を取ろうとしたものの連絡が取れず、それを聞いたセバスチャンが血相を変えてソフィーのマンションに。どうやって入った?マンション入り口のドアをぶち破ったか。

ソフィーはゼルの話とともにゼルが残したUSBドングルをグラハムに渡す。何が入ってるか怖いけど、こう言うのはスタンドアロンのPCに挿せばいいんじゃない。

雪姫=ムエッタは手はずどおりに黒きグロングルを奪ったとレフィルに通信。直ちにトラクタービームでクロムクロの回収に入る一方で、ムエッタは先に回収した筈じゃなかったのかとヨルバに問う。ヨルバはあれが間違いなら直ちに処分すると言う。

しかしヨルバが処分に向かう前に、ピッチリスーツでウロウロ歩き回っていた由希奈はミラーサと遭遇。一番悪い相手で、由希奈をムエッタと誤認していようが、誤認を解いてクロムクロの纏い手だと理解しようが殺しにかかって来るのだから。

しかし何故か逃走中にミラーサの知らない通路に由希奈は入れてそこで様々な情報へのアクセスが可能となる。由希奈ってクロムクロに搭乗した時もそうだったが、あの文字を普通に読んでるよね。遺伝子レベルで雪姫とほぼ同一って言ってもそれが他の言語を読める事になる理由には全くならないのでこの辺の説明は是非して欲しい。人間の脳は言語の習得能力は先天的にあるけど、どんな言語を習得するのかは全て後天的なものなのだから。情報取得の途中で由希奈は驚くべきものを発見。雪姫の「頭」だけが保存されている。これに驚いて由希奈は外へ。
参考資料

しかし外に出るとやはりミラーサと遭遇。由希奈がミラーサと剣戟。以前だったら一刀両断されていたかもしれないが、夏休みの特訓の甲斐があってかなんとか防戦している。

レフィルに報告に入ったムエッタだが、クロムクロと契りを交わしていないのに動いた点などをレフィルに聞くものの、そんなものは偶然だろうとあしらわれる。ヨルバはそれ以上の質問は無礼だと掣肘するが、そんな折りに剣之介が暴れ出した。剣之介が出て来たと言う事は、ムエッタが連れて来たと言う事で裏切り者の成敗に乗り出すヨルバとレフィル。

だがムエッタと由希奈と剣之介は幸いにも落ち合う事が出来て、由希奈は剣之介になきじゃくりながら抱きついた。
今迄我慢して頑張って来たからなあ。
参考資料

これで剣之介と由希奈はクロムクロに搭乗し、ムエッタは修理が終わったと由希奈が連絡を受けたメドゥーサに搭乗。二機とも揚陸城から放り出されて地球への自由落下になってしまうかと思われたが、例のジェットスクランダー(クロウ)が義によって助太刀いたし、燃え尽きるのは回避される模様。

その一方でレフィルは枢石の回収が進んで残りは黒部の研究所のだけとなった事で「時は来たれり」と揚陸城ごと降下を始める。まあ「時は来た!」と言って勝った人をあまり見かけませんけど。

|

« 魔装学園H×H・第7話 | Start | ReLIFE・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/64082618

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロムクロ・第20話:

» クロムクロ 第20話 『飛んで火に入る虎の口』 由希奈大脱出!これまでの経験とか訓練が役に立った!! [こいさんの放送中アニメの感想]
クロムクロが無くったって!敵地に一人ぼっち、不安にかられますが由希奈めげません。クロムクロで情報担当やってた経験から艦内で情報ゲット。鬼教官トムの地獄の特訓も逃亡の役に立った。剣での戦いもミラーサを何とか凌いでますし、成長が伺えます。まあ人違いで殺されちゃ堪らないですからね。なおミラーサはちょっとイッちゃってるみたいなんで話し合いは出来そうにありません。 エフィドルグの目的は支配。宝探しかと思ったら意外と単純。でも完全な支配ってなんだろう、洗脳でもするのかな。 世界に安寧をもたらすエフ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 19. August 16 um 23:11

« 魔装学園H×H・第7話 | Start | ReLIFE・第8話 »