« クロムクロ・第16話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第4話 »

ReLIFE・第4話

日代の引きつった笑いを馬鹿にした笑いと解釈する狩生。そりゃね、海崎の隣では素直な笑顔なのに自分を向いた時にはあんな顔されちゃ、一応海崎が日代はあれでも笑顔をしてるつもりだと言われても、やはり自分がバカにされているとしか思えない。
参考資料

一年の一学期の時にトップを取って委員長になって大神と知り合い、二年生の時は頑張ってずっと一緒に委員長をやれたのに三年でそれを日代に奪われ、さらには大神が「カズくん」と呼んでと言ったのを日代が素直に受けてしまってカズくんと呼ぶ様になったので、ますます狩生は日代に敵意を持ち始める。

大神は相変わらず海崎と小野屋の赤点対策を担当。既に再試験は3回目の赤点となっていた。お昼を食べながらどうしたものかと思っていた大神が、一人でお昼を食べている日代を見つけて、そうだここに日代を呼んでシルバーピン二人がこの二人を教えればいいんじゃないかと思ったが、最初はそれで良いかと思った海崎は、大神と日代をさらにくっつけるのは狩生に一層まずいだろうと止めた。

じゃあどうしたものかと思ったが、だったら小野屋を大神が、海崎を日代が教えると言う組み合わせにしたらどうだろうと思ったのだが、そうはならなかったね。とは言っても日代がお昼一人きりなのを夜明に任せたら?と考えた海崎は夜明に電話するが、夜明は監視員だからと拒否。それよりもそうやって周りを気にしてるのは良いことですねと。

翌日は大神が委員会に出るので海崎は一人で再試験対策を自習室でする事になる。委員会なので大神は日代と一緒に。それを見送る狩生。またあの「笑顔」されちゃうとどんどん悪い方に考えざるを得ない。

狩生はバレー部の練習を玉来と一緒にやっているうちにすっかり遅くなる。玉来は電車の時間があると迎えに来た朝地と犬飼と一緒に先に帰る事になった。残された狩生は勉強では日代に負け大神との委員長ライフを奪われ、バレーでは玉来に負けその玉来には迎えに来てくれる二人がいる。何故自分は何もかもうまく行かないのかとさらに悪い方向に。
参考資料

バレーコートの片付けをして体育館の鍵を職員室に返しに行くと外に鞄が。職員室に入ってみたらそこには日代が居た。職員室に入る時って鞄を外に置くものなのか?

ともかくとうとう狩生の中に悪い考えが芽生えた。日代の鞄を駅のトイレに置いて来てしまえば日代は困るだろう。そんな事で溜飲を下げちゃいかんよ狩生。天網恢恢疎にして漏らさずと言うか、そこに自習室での勉強を終えた海崎がやって来た。やり過ごそうとした狩生だったが海崎は気がつく。狩生が鞄を二つ持っている事、そしてその一方の緑の鞄は見覚えのある日代のものである事。

事情を聞こうと止めようとした海崎を振り払った狩生はバランスを崩して階段から落ちそうになった。こう言う時って何故か上に居る方が間に合うのだが、今回も辛うじて間に合って受け止めたものの、それは一時的で海崎も足を踏み外して二人は一緒に踊り場へ転落。その落下音を日代が聞いて行ってみると踊り場には折り重なった海崎と狩生が。
参考資料

音も聞いたし状況から二人がヤバい事をしていたとかじゃないとは理解してくれそうだが、職員室前から無くなった自分の鞄がそこにあるのを日代はどう思い、海崎はどう庇えるだろうか。かばっちゃまずいかな。

|

« クロムクロ・第16話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63954586

Folgende Weblogs beziehen sich auf ReLIFE・第4話:

« クロムクロ・第16話 | Start | ラブライブ!サンシャイン!!・第4話 »