« ガールズ&パンツァー劇場版を海藻警察の視点から見る | Start | ReLIFE・第1話 »

クロムクロ・第13話

前回の最後にデブリに隠れて揚陸城から降下したエフィドルグが居たが、もう日本軍との戦闘状態に入っている。しかもGAUSと交戦しているジオフレームとは別に街中を歩いているもう一人のエフィドルグが居た。揚陸城の中ではミラーサとムエッタが勝手に降下したと言う話をしている。どうしてそう各個撃破されに行くのか。

市街地での戦闘は思う様に出来ないせいか動きが鈍かったクロムクロとGAUSの2機だが、山地におびき寄せて連携を取って敵ジオフレーム(予告でスパイダーと言われた)に一撃を食らわせる。不利と悟ったスパイダーは山の奥深くへ。

こんな状況下だが、こんな状況下だからこそ日常を大切にしようと茉莉奈先生が職員会議で熱弁して、しかも生徒のカウンセリングの立場を持ち出したから普通に文化祭が行われる事になる。

こんな状況下と言うが、第二次世界大戦末期にドイツでは爆撃下にフルトヴェングラー指揮のベルリンフィルハーモニー管弦楽団の演奏会やったからね。その時の録音があって、私も聴いた事があるが遠くで爆撃音が聞こえるの。この時はドイツすげーなとつくづく思った。

由希奈のクラスでは何をやるのかと言う検討ホームルームで、茅野のユーチューバーな提案は却下されて最終的に「教えてエフィドルグ」をやる事になった。たまたまジオフレーム乗りがこのクラスには3人も居るのだからと。あの武隈先生が止めないと言う事は学校側的には問題ないと言う事か。

その議論の時に剣之介が美夏のコスプレを見たと言うのが発覚するが、どれが良かった?とか言う会話に由希奈が割って入ったのを見た美夏がふふーんって顔をする。
参考資料

と言う事でよくある文化祭の準備。学校のお泊まりもあり。由希奈のクラスが「教えてエフィドルグ」をやると言うのはローカルニュースにも流れる。これをあの甲冑エフィドルグのムエッタが立ち聞きしてしまうのだ。ここを見た時はサブタイの「祭囃子に呼ばれて」と言うのもあって「我々の機密が漏れて地球人に公開されようとしている!」と勘違いしてしまったムエッタが学校に行ってびっくりとか言うお笑い展開になるのかと思った。まあ学校に行くと言うのまではあっていたのだが。

エフィドルグに関する議論と言う事で、3人以外のゲストをと研究所の心当たりを回ってみるのだが、そもそもトムを選ぶのは大間違いなんじゃないのか。あの口汚いのをステージで喋らせるとか。幸い待機だと劉に言われてこれは無し。あとはグラハムとか洋海とかみんな忙しそうでとりつく島もない。

そして文化祭当日。普通に文化祭が開催されて盛況。職員会議で閑古鳥が鳴くんじゃないかと言われていたがそんな事は無い。でも何か策があるみたいな事も言ってたね。

茉莉奈先生、自らコスプレしてカウンセリングしてる。あらぬ方向に真面目だよ。
参考資料

美夏は剣之介にこの機会に現代日本の文化を学んで来いと言い、その付き添いに由希奈を指名。ついでにヤキソバとか買って来てねと。それについていこうとする赤城を止めて野暮すんなと言うが、いやいや赤城にとっては黙っていられない事態なので仕方ない。

美夏の計らい通りに由希奈と剣之介の二人は文化祭を楽しむ。
なんて学校だよ。まるでスクールデイズだな(をい
参考資料

由希奈は剣之介は雪姫の願いを叶えた後はどうするのかと聞くと剣之介はそんな事は考えた事もないと言う。そりゃそうだろう。でも自分の事は自分で考えなと言う由希奈だが、剣之介がやろうとしている事はエフィドルグの壊滅なので、そんなにあっさりと実現出来ると思っているのだろうか。

いよいよ「教えてエフィドルグ」が始まる時間。そこにあの甲冑姿のムエッタがやって来る。文化祭なせいでこれが気合いの入ったコスプレだと思われる。完成度の高さはそうなのかもしれないが、誰か「何のコスプレだろう?」とか思わないのか。そして分からないからムエッタに問い詰めるとか言う展開を期待したかったw

「教えてエフィドルグ」が始まったものの、カルロスはステージであがってしまって役に立たず代わって美夏が司会をする。剣之介が同じ事しか言わないものの、適当に解釈をして舞台は進行。あまり大したことを言ってない気もするが、聴衆は武力侵攻して来てる相手の話だからこの程度でも興味深いのかもしれない。世界的にはエフィドルグの顔つきが日本人ぽいから日本の自作自演なんじゃなかとか言われているって言うけど、おまえら最初に地球の各地にジオフレームが降下して来たのを忘れたのか。実はこの時に話に登ったこの世には三人同じ顔の人間がいると言うのがキーワードだった。

そこにつかつかとやってきたムエッタ。刀を抜くので剣之介がそれに対抗しようとするがマントの下から見えたその顔は雪姫。思わず怯んだ剣之介にムエッタの刀が突き刺さる。えー、ビッグオーダーとかリゼロとかみたいに治癒能力使える人間いないんだぞ。
参考資料

|

« ガールズ&パンツァー劇場版を海藻警察の視点から見る | Start | ReLIFE・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63854915

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロムクロ・第13話:

» クロムクロ 第13話 『祭囃子に呼ばれて』 女性エフィドルグが二人共来た! [こいさんの放送中アニメの感想]
片や潜入、片や戦闘。勝手に動いているみたいなので、協力している訳では無い様です。戦っている方は大変そうですね。緑のメット=ミラーサのロボは一本角が鬼っぽくて、色がサイケ、あと四本足。ジオフレーム2なら問題なかった。でもクロムクロに傷つけられて退散。捜索中ですが敵は逃げた、ここに地球側の安心があったのかも。 二学期早々文化祭。ちょっと早いですね。開催も危ぶまれたのですがカウンセラーの茉莉奈が開催を強硬に主張。こんな時だからこそ普段通りの学校生活を送らせたい。エフ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 01. Juli 16 um 20:43

« ガールズ&パンツァー劇場版を海藻警察の視点から見る | Start | ReLIFE・第1話 »