« ReLIFE・第4話 | Start | Re:ゼロから始める異世界生活・第17話 »

ラブライブ!サンシャイン!!・第4話

国木田花丸は小さい頃から身体を動かすことが得意ではなくていつしかひとりで本を読む様になっていた。そんな時に出会ったのがルビィでそれ以降仲良しになる。ルビィは人見知りながらスクールアイドルには憧れていた。だからスクールアイドル部が認められて部室も出来たのを喜んで花丸に報告。

ちょうどそこに部室の片付けで図書室の本と思われる物を返却に来た千歌達。タイミング的にはそうなのかもしれないが、ずっと使われていなかったらしい部室だったのでそこに図書室の本が放置されていたと言うのは如何なものか。

ビラ配りをしていた時もそうだったが、今回も千歌が問答無用でスクールアイドル部へ誘う。花丸はそう言うのが苦手と断る。ルビィも同じ様に断るが、それを見て花丸は本当はそうじゃないだろと言う目で見つめた。
参考資料

千歌達が居なくなった後で花丸はルビィに本当はスクールアイドルしたいんでしょと言うものの、姉のダイヤが嫌いだから自分がそれを好きになる訳には行かないと言う。以前は姉妹でスクールアイドルにはまっていたのにダイヤが高校に入って暫くしてから様子が変わったのだと言う。それでダイヤさん、スクールアイドルに詳しいのにスクールアイドルに反感持ってるんですな。何が理由でそうなったかは分からないけど。

その辺、鞠莉が果南の所を尋ねてスクールアイドル部にスカウトしに来たとか、休学あけたらスクールアイドルしろとか、その為に戻って来たとか、そしてこの二人と同学年のダイヤにそれが何か関係しそう。
参考資料

ところでルビィの回想でダイヤはえりちーが、ルビィはかよちんが好きだったみたい。

千歌達は猿島の神社の階段で体力作り。μ'sも階段で鍛えたって言うが、どうなんでしょう神田明神男坂の階段と猿島の神社の階段では規模が違うんでは。と言うか、今日からマニアによる猿島の階段トレラン挑戦開始ですね。どれだけの長さか分からないけど。

鞠莉はルビィにスクールアイドルやってみたいと言い出す。千歌には興味ないって言っていたのに。そしてルビィも誘う。躊躇うルビィにだったら体験入部ではどうかと囁いた。

体験入部でも大歓迎だよと千歌達は迎え入れてさっそくスクールアイドル部の練習を開始。しかし練習場所としてグラウンドは使えない。だったらやっぱり屋上だよね、μ'sも屋上で練習したし。

体力作りの階段登りも体験。流石に先に練習していた千歌達はもう駆け上る事が出来ている。それに追いつこうとするルビィ。それに対して身体を動かすことが得意じゃないと言っていた花丸は早々と息が切れる。花丸が来ないのを心配してルビィが戻って来て花丸を待つが、花丸は自分を待っていちゃダメだ、ちゃんとルビィのペースで駆け上らないとダメだと。ルビィはいつも他人を気にして自分を殺してるけど、ここは先に行きなさいと言って登らせる。

ルビィが駆け上ったのを見届けて花丸はこれで自分の役目は終わりと。
参考資料
ああ、そうだったのか。一旦断ったのに花丸の方からスクールアイドル部に入ってみたいと言い出したのはルビィの背中を押すためだったんだ。

そして階段を降りたところにダイヤを呼び出してルビィの気持ちを聞いてやってとお願いする。やっとこれでルビィは姉にスクールアイドルやりたいと言えた。

でも花丸は?

実は花丸だってスクールアイドルは気になっていた。それをルビィは見逃してはいないで花丸もスクールアイドル部に誘って晴れて花丸も入部。凛ちゃんを気になっていた花丸を。

マルちゃん、ええ子や。

|

« ReLIFE・第4話 | Start | Re:ゼロから始める異世界生活・第17話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63959030

Folgende Weblogs beziehen sich auf ラブライブ!サンシャイン!!・第4話:

« ReLIFE・第4話 | Start | Re:ゼロから始める異世界生活・第17話 »