« 魔装学園H×H・第1話 | Start | レガリア The Three Sacred Stars・第1話 »

クロムクロ・第14話

文化祭の舞台でつかつかと上がってきたエフィドルグのムエッタが剣之介を刺し貫く。実は前回既に思ったのだが、壇上で刺し貫く場面ってどうしても日比谷公会堂で当時の日本社会党の浅沼委員長が刺し殺された場面を思い出す。

なおも斬りかかろうとするムエッタに謎の鬼とセバスチャンが応戦。セバスチャンはいいんだけどあの鬼まで入り込めるとは、文化祭だからこそコスプレと思われたんだろうな。

茉莉那先生が到着したものの、大量の血を見てひぃとか言っちゃう。ひょっとしてと思ったのだが、使えんな。だが伏兵武隈先生。剣之介の傷を見て斬られた訳ではなく貫通銃創と同じだから運が良ければ助かると応急処置を始めた。何者なんだと聞かれても知らない方が良いとか、こりゃ予想外のその手の機関の人だったか。クラスに由希奈とソフィーが居るから送り込まれていたのかな。
参考資料

鬼の方は山中で由希奈を助けた人物ぽいのだが、ここまで剣を使えるとなると由希奈父の岳人の可能性が薄くなる。ただし、ムエッタに記憶は植え付けられても身体がついて来ていないと言う台詞を言ったのを見ると、じゃあ鬼も岳人と何者かの合成なのかもしれない。そしてさらにはこの鬼が嘗ての剣之介の記憶の中で戦った鬼のイメージにも重なっていて、どんな組み合わせになっているのか入り乱れてる。そう言えば剣之介はフスナーニも知ってる顔の様に語っていたし。

剣之介はこの騒動を茅原が中継していたおかげで(この場合だけはおかげ)洋海が電話も待たずにヘリを飛ばしていたのに乗せられて研究所へ。

剣之介を取り逃がしたと見たムエッタは離脱を図るが、その過程でムエッタを写していた茅原が狙われた。自分に迫ってきているムエッタをカメラでとらえたまま、茅原は斬られそうだったが彼は警備兵の犠牲で無事。これを茫然と見ていた茅原が「あの人も人間だったんだな」と。
参考資料

これ、どうなのかね。警備兵が斬られた瞬間は茅原の目がこれで覚めるかと思ったのだがこの台詞。やはりこんな人間なのかとも取れたが、ひょっとしてこれが目を覚ますきっかけなのかもしれない。だとしたら茅原単なるユーチューバーと言うだけの存在ではない描かれ方がされるのかも。

本当は何としてもムエッタのジオフレーム搭乗を阻止しなくてはならなかったが、あっさり乗られて、それをGAUS1と2が阻止しようとしたもののあっさり武器を切断されてしまって取り逃がす。ムエッタのジオフレームメドゥーサは機敏な運動で研究所の方へ。この時のソフィーが普段の冷静さから逸脱して絶許な台詞を言っていたのが印象的だった。

GAUS1と2が学校に残ったままだと研究所の防御が出来ない。何しろ剣之介は刺し抜かれて重傷なのだから。大名医っぽいハウゼンの腕を以てしても助けるのが精一杯じゃないかと思ったら、出血が少なくて意外だと言う言葉のあとで剣之介が目覚めて動こうとした。その傷で動けるのは脅威だとも。こりゃ剣之介君、身体が改造されてたか?

由希奈は剣之介が吐血しながら大丈夫だと言っても説得力無いと言って止めるが、グラハムは無理は承知でクロムクロに乗ってくれと言う。グラハムの論理は確かにそうで、そのまま寝ていても、無理をしても、どのみち命を落とす事になるかもしれないのだ。多分今の事態ではそのまま寝ていて敵に襲撃される方が間違いなく死ぬ。

剣之介もグラハムに言われるまでもなく出撃するつもりだった。但しそれは姫を助ける為。今回このあと剣之介がずっと姫を姫をと言うのに由希奈は心にひっかかるものがあった。

ムエッタが手柄を独り占めしそうな勢いにミラーサが焦る。そして乗機のスパイダーを起動。エフィドルグの二機対国連軍の三機の戦いとなった。ところが基本性能は多分エフィドルグの方が上だし、国連軍側で一番能力のありそうなクロムクロを操縦する剣之介が姫に目が眩んで本来の力を出せていない。

ここで気が付いたのは由希奈。
参考資料
どうも敵の二機は連携をしていなさそうだ。だったらと言う事でソフィーの指揮で国連軍側は三機連携で敵を翻弄し、ついには同士撃ちまでさせる。この機会を逃さずにと迫ったものの、流石に不利な状況に陥ってムエッタのメドゥーサがミラーサのスパイダーを抱えて揚陸城からのトラクタービームに逃げ込んだ。これを無理に追おうとする剣之介をGAUSが止めるのだが、これじゃあ剣之介は身体の傷よりも心の傷の方が問題だ。

それにしても「もう一機のパイロットも女子」って由希奈の感想にワロタw

|

« 魔装学園H×H・第1話 | Start | レガリア The Three Sacred Stars・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63887642

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロムクロ・第14話:

« 魔装学園H×H・第1話 | Start | レガリア The Three Sacred Stars・第1話 »