« 文豪ストレイドッグス・第12話・分割クール最終回 | Start | 迷家‐マヨイガ‐・第12話・最終回 »

クロムクロ・第12話

さて一学期も終わり、夏休みに。その前に一学期の成績表。なんだか悲惨な状態の由希奈。戦国侍に英語で負けるとか一体どんな勉強してるんだ。これが「変性礫岩の不整合面」と言った子の成績なのか。
参考資料

これじゃ補習だねと美夏に言われるがそれはないと言う。何故ならこの夏休みは研究所で「自分の身は自分で守る」事が出来る様にと言う特訓があるのだそうだ。

と言う事でコーチはトムがやってGAUS搭乗員と由希奈と剣之介が召集される。由希奈以外はやる必要ないんじゃないか、特に剣之介は自分ではくだらんと言ってるが、それに関してはトムが首輪で強制的に参加をさせる。その中にパイロットになるんだと言う赤城も参加。

ランニングとか腕立て伏せとかはじまるが、これは由希奈には荷が重いだろうなあ。因みに私が高校生の頃もこんなの無理だねw 腕立て伏せなんて出来た事なかったよ。ヒィヒィ言いながら着いていこうとする由希奈と、クリア出来そうな赤城だったが、気の毒に赤城は最後に足を挫いて離脱。後で赤城父がトムに謝るが最初の時点で無理なのが分かってむしろ良かったんじゃないかと言われていた。

元々鍛えられていた連中はいいが、由希奈は夕食も食べられないほどにボロボロに。部屋に戻ってから劉が由希奈の身体をほぐすマッサージと言うサービス(誰にだ?w)。おかげで翌朝見知らぬ天井で目が覚めた由希奈の身体はすっかり軽くなっている。
参考資料

翌朝、由希奈と剣之介にはセバスチャンの補習が待っていた。セバスチャン、どの教科でも教えられるんだ。まあ由希奈の成績の高校生なら私も全教科を教えられそうだな。剣之介が頑張ってそうだったけど、単に気絶していただけかw

次は射撃練習。ソフィーは難なくクリア。フランスの対テロ部隊に体験入隊した時に覚えたのだそうだ。なにげなくこの作品中ではソフィーが完璧超人だ。そして由希奈の番。目を瞑って撃つものだからトムを筆頭に全員が物陰に隠れてる。そりゃ跳弾も怖いし。でもいきなり撃たせる方が悪いんじゃない?

剣之介にも射撃練習させるのかなと思ったら、剣之介はあの刀で充分だった。でも何かの為に撃つ練習はしておいた方がいいんじゃないかな。

次の特訓はヤマノススメ。またヤマノススメ来たかw
そう、何も考えず足元だけ見て(一歩一歩)歩け。剣之介、よく分かってるじゃないか。
参考資料

汗をかいちゃったと言う由希奈にはそのまま水に放り込む特訓。でも素人がいきなり服を着たまま荷物も背負ってってのは無理があるんじゃ。慌てて剣之介が助けに入る。剣之介、もう完全に由希奈の騎士だな。ところがおバカさんのトムが水に入ったままの剣之介に電撃を入れるものだから大変な事に。

と言う事で翌日はメニューが変わって由希奈達はお休みとなってトムのGAUSが重力制御テストに入る事になる。おや、地球人もとうとうエフィドルグみたいにジオフレームに重力制御をつける事が出来る様になったのか。

テストは順調に見えたものの、やはりまだ地球人には無理だった様でGAUS1号機は水没。辛うじてクレーンに支えられてるけど。

お休み中の三人だが、剣之介は首輪の外し方をスマホでぐぐるとか、ソフィーがネットに上がっている美夏のコスプレを画面に出したらすかさずけしからんと写メするとか、この現代社会への急速な馴染み方はなんだw
参考資料

こんな感じで特訓が続くうちに由希奈の基礎体力も向上。あいつらについて行ける様になるなんて相当なもんだ。山にも平気で登ってるし、まるでいつのまにかすっかりあおいちゃんに抜かれたのが今度は由希奈ちゃんにも抜かれてしまって寂しい気がする。

洋海はもう剣之介にはスタンチョーカーは不要だと言って外す決断を下す。由希奈が外しに来てくれるが、つけていた跡を確認する由希奈にどぎまぎするとか剣之介はすっかり由希奈に参ってしまった様だな。そして最後に剣之介の刀を渡す時だって「死ぬ為の刀じゃないんだから」なんて言われちゃね。

こうして由希奈達の夏休みが終わる頃、エフィドルグの次の侵攻が始まる。
えー、冒頭の会議から45自転周期も何やってたんですか?

|

« 文豪ストレイドッグス・第12話・分割クール最終回 | Start | 迷家‐マヨイガ‐・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63823587

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロムクロ・第12話:

« 文豪ストレイドッグス・第12話・分割クール最終回 | Start | 迷家‐マヨイガ‐・第12話・最終回 »