« ばくおん!!・第5話 | Start | 舞台探訪・ハイスクール・フリート(はいふり)・第2話の諏訪大神社 »

ジョーカー・ゲーム・第5話

井沢和男と言う写真士になった神永は結城から餞別としてロビンソン・クルーソーの本を渡されて渡英したが、ある日英国の諜報機関によって日本のスパイとして捕まってしまう。一般人らしい狼狽した様子で捕まる神永。しかし英国側は神永がスパイだと言うのはすっかり承知していたから「民間人」と言う扱いを全くしない。

ここまでのこの作品の雰囲気から安々と神永が尻尾を掴まれたとは思えないのでおそらくわざと捕まる様に仕向けたのだろうとは思った。では一体神永の使命とは何なのだろうか。結城が渡したロビンソン・クルーソーの様に何十年間も英国に捕まっているのが使命なのか。いや、それはあまりに無意味だ。

どんなに仕向けても「民間人」らしい様子を見せる神永に英国諜報機関の大物のハワード・マークス中佐が出て来る。マークスはD機関の名前も結城の名前も全て承知の上で神永に最新の自白剤で本性を吐露させようとする。
参考資料

その上でマークスは録音したテープを聞かせるのだ。日本の外交官が女相手にペラペラと外交機密、神永の正体を話すのを。こうして神永は結城に売り飛ばされたと認識させようとし、それは成功する。神永が自分の口から結城に売られたと白状する。

これで完全に堕ちたと認識したマークスは神永に日本に向けての暗号電文を打たせた。既に用意した文面を既に暗号化しており、あとは神永の打電の癖で「正確」に打つだけだと。神永は言われるがままに正確に日本に向けて打電する。

うまく行ったと感じたマークスはこの偽情報が日本に打撃を与えるのを確認するまで神永を拘束しておけと憲兵に命じた。

ここで神永が本領を発揮する。予てから見ておいた建物の平面図に基いて先ずはトイレで監視の憲兵を倒し、もう一方のトイレから脱出を図ったもののそこには図面通りの脱出出来る窓がなかった。謀られたのだ。ニセの平面図を用意しておいてスパイの脱出を失敗させる様に。
参考資料

神永は別の脱出口を探しているうちにある部屋の扉に♀のマークがあるのを発見し、そこに入る。憲兵達がフロアの捜索をして♀マークの部屋にもやって来た。しかしその憲兵はここにも居ないと報告する。騒ぎに気づいてやって来たマークスは虱潰しにして追い詰めろとさらに上の階の捜索を命じる。

その間に神永は窓から脱出して待機していた車に乗って逃亡に成功した。

今回の神永の任務は日本側から英国側に情報が漏れている部分を発見してそれを潰す事にあった。だから日本側のスパイとして英国側に捕まる様に仕向け、その情報を漏らす男を特定する。D機関のスパイが捕まるヘマをするとは思わなかったのでわざとだろうとは思ったが、日本側の情報の穴を潰すのが目的だったか。

そしてロビンソン・クルーソーの餞別は長く潜伏して万が一の場合に日本のスパイを逃がす役割を持つ男が居る、それはフライデー=金曜日=金星=ヴィーナス=♀と言う符丁となっていたのだ。最初から結城が明確に神永に言わなかったのはそれを知らない事で自白剤を投与されようと知らない事は白状出来ない様にする為。
参考資料

日本側への偽情報の打電は「正確に」打った事でスパイとして囚われているのを示したもの。「正確に」と言うのは日本側では何と照らしあわせて正確なのかは分からないので、多分フライデーの方に自分が囚われているのを察知させるものだったんじゃないかな。

|

« ばくおん!!・第5話 | Start | 舞台探訪・ハイスクール・フリート(はいふり)・第2話の諏訪大神社 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63578031

Folgende Weblogs beziehen sich auf ジョーカー・ゲーム・第5話:

« ばくおん!!・第5話 | Start | 舞台探訪・ハイスクール・フリート(はいふり)・第2話の諏訪大神社 »