« ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?・第1話 | Start | 迷家‐マヨイガ‐・第1話 »

少年メイド・第1話

母の突然の死で天涯孤独になった小宮千尋。母千代の遺言は「人生なんとかなる」と「働かざる者食うべからず」。

そのとおりになんとかが向こうからやって来た。子犬に追い立てられて電柱に逃げていた大人が実は千尋の叔父さんの鷹取円。頼る先がなくなった千尋は円に引き取られるのだが、母の千代が自分の為に鷹取の家を追放されたなどを聞いて鷹取の面倒にはならないと拒絶したものの、実際行くアテはない。

と、逃げ込んだ先がすっかり汚れた台所で、主夫の千尋にはこれが我慢出来ず一心不乱に掃除を始めた。円はこんなでかい屋敷に住んでいるくせに家政婦を一人も雇っておらず屋敷は汚れ放題だったのだ。
参考資料

でもこれで円は名案を思いついた。千尋は鷹取の面倒になるのが嫌なら自分が家政夫として千尋を雇用しようと。住み込み三食付きで学費も持つ。これならお互い納得出来る条件ではないかと。

千尋もそれなりに納得したが、家政夫の制服だと言って渡されたのが手製のメイド服。円にそんな能力があるんだなと思ったが、円は実は衣装デザイナーだったのだ。

こうして新に自分の家と部屋が出来た千尋だが、部屋の家具は新調したものなんだね。流石に以前の千代と暮らした家具はもう無いか。

掲載誌が女性誌ぽい作品かなと思ったらそうだった。但し「B's-LOG COMIC」はBL誌ではないとの事。

|

« ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?・第1話 | Start | 迷家‐マヨイガ‐・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63458034

Folgende Weblogs beziehen sich auf 少年メイド・第1話:

» 少年メイド 第1話「はたらかざるもの食うべからず!」感想 [星屑の流星群]
その日、少年は母親を失った 世の中、突然とは突然やってくるものだ そしてその日を堺に少年の運命は大きく変わる この物語は母親を失った1人の少年と 彼の前に現れた叔父と名乗る1人の青年、 そして彼らを取り巻く多くの人々の物語である …その日、少年はメイドになった!!!... [Mehr erfahren]

verlinkt am 09. April 16 um 20:33

« ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?・第1話 | Start | 迷家‐マヨイガ‐・第1話 »