« 無彩限のファントム・ワールド・第13話・最終回 | Start | 平成28年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 »

だがしかし・第12話・最終回

突然モテたいと言い出す豆。それをココノツに言うとココノツは解決策を取りだした。それは「食べるんですHi」。これで出て来るラムネの色でうらないをする。見事ピンクが出て来たら「神聖モテモテ王国になるでしょう」。ところで「食べるんですHi」と言うのは初めて知ったのでどんな物か調べようと検索してみたら早速Googleの検索結果がだがしかしに侵略されていてワロタ

突然恋の味って知ってる?とサヤ師に問いかけるほたる。てっきり「鯉」の味のする駄菓子でも存在するのかと思ったら流石にそれはなくて「さくらんぼの詩」と言うキャンディ。知らずに口の中に入れられたサヤ師はさくらんぼの味だと当てるが、でも何故恋の味がさくらんぼなのか。きっと甘酸っぱいからじゃないかと言うのがほたるの説だが、私は小学校の時に「小さな恋のものがたり」でチッチが盛んにさくらんぼを喜ぶのを見てそれで結びついちゃったよw

橋の上ではほたるとサヤ師が恋の話、橋の下ではココノツと豆がモテたい話。どちらも似たテーマではあるがやはり男の子の方が現実的な話だろうか。でもこの先が現実的じゃない。ピンクが出たらモテモテと言う事で早速やってみる事にした。ここでココノツに迷いが生じて先に豆にラムネを出すとそれは2個ともピンク。2個とも食べてしまった様に見えた豆を責めるココノツだが、そもそもこの事態を生み出したのはお前の弱さだろうと逆に責められる。

だがしかしここで破綻しないのが豆とココノツの仲。豆はちゃんと1個だけ残してあってそれをココノツに分け与え、これで二人はモテモテ・・・・て、おまえらそんな占いでよくもまあ一喜一憂出来るな。と言うのは占いチョコの時からか。
参考資料


喫茶えんどうで悩むココノツ。自分はほたるを縛っているのではないかと。縛るでそんな反応をするサヤ師はいかがな物かw
参考資料

発端は昨日(前回)の自分が将来を決めていないせいでほたるが好きな所へも行けずにシカダ駄菓子に足繁く通わなければならないと言う考えなのだが、駄菓子店はどうしても継がないって決めちゃったらどうなるんだろう。

そんな時にほたる来店。喫煙席に座るので、まさかほたるさんがタバコなど吸うのかと驚くみんなの視線の前で森永ミルクキャラメルを取り出す。実況民もそうだったみたいだが、私もてっきりココアシガレットでも取り出すのかと思った。

無言のほたるは「さあこの謎を解いてみなさい」と言わんばかりの様子。そこでココノツは考えた。そもそもミルクキャラメルが誕生した当時はミルク味が未だ世間で普通の物となっていなくて煙草の代用としての性格を持たせた、そう言う意味なんだろうと。
参考資料
そんな時代にそんな物を出した森永は一体どうなのよと言う気もするけど。

これだけではうんちくがまだまだねと言う顔をするほたる。
参考資料
そこでさらに考えて福澤諭吉に辿り着いた。でも福澤諭吉が紙幣の肖像画になったのは最近なんだけど・・・とここまで書いてはたと思ったが、もう最近じゃないんだなあ。既に30年以上経ってる。って事は30歳以下の若者は聖徳太子の一万円札は過去の物なんだ。私の聖徳太子の千円札並みに。

まあまあ満足した顔をして出て行ったほたるをココノツが追いかける。ほたるを自分が縛っているんじゃないかと言うのを聞く為に。でっ、あっさりあのバス停に到着するのだが、そこでほたるは今度はサクマ式ドロップを取りだした。なかなか開かないのに必死で指で開けようとするほたる。私など2度ほどやってダメな物はすぐさま道具を探すけど。カップ麺の外側のビニールとか。

ココノツもドロップを貰ったが出て来たのはハッカ味。それをおもむろに缶の中に戻そうとするココノツをほたるは激しく制止。そりゃそうだよ。一旦出した物を缶の中に戻すのは湿気を避けてる食べ物には御法度。

ハッカ味は不味いと思い込んでいるのと同じ様に、ココノツがほたるを縛っていると言うのは思い違いだった。シカダ駄菓子は駄菓子屋として最高に楽しいから行っている。なんだったらこれから一緒に駄菓子巡りの旅に出てもいいんだよと。


と言う感じで最終回は普通に始まって割合普通に終わった。これ即ちいつでも続編が作れますよと言うスタイルだと受け止めた。「だがしかし」は、本当は駄菓子世代なのに全然駄菓子に触れないで育った(せいぜいココアシガレットとオレンジガム程度しか知らなかった)私に駄菓子の魅力を教えてくれた作品だった。まさか五十年以上の歳月を経てこんな事になろうとは。

また南房総に探訪に行きたい。

|

« 無彩限のファントム・ワールド・第13話・最終回 | Start | 平成28年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63426203

Folgende Weblogs beziehen sich auf だがしかし・第12話・最終回:

« 無彩限のファントム・ワールド・第13話・最終回 | Start | 平成28年春アニメ(視聴予定)のハッシュタグ一覧表 »