« 坂本ですが?・第1話 | Start | 甲鉄城のカバネリ・第1話 »

クロムクロ・第1話

ロボットアニメだと言う噂は聞いていた。それから後から気が付いたけどP.A.WORKSの作品だと言うのを微かに思い出した。作画をちゃんと見たらP.A.だなと判断出来たろうが、P.A.がロボットアニメと言うのが結びついてなかった。でも確かつい先日「P.A.はクロムクロでSHIROBAKOとCharlotteで稼いだお金をハルチカとクロムクロで吐き出さなければいいね」と言う書き込みを見たのも思い出した。話が逸れるけどハルチカの円盤が売れなかったなんて・・・

作業用(それから軍用もかな?)にロボットが普通に使われる時代。黒部に国連の研究機関があって白羽由希奈の母の洋海はそこの所長。母は国連研究機関の所長にもなる程だが、娘の由希奈は進路希望で無理と言われる程の状態だった。ただ、高望みだから無理なのか平均にも届かないから無理なのかは分からない。

ある日日本の南から不明の飛行物体が接近し、分裂した挙げ句に中部地方に分散して落下。そのうちの一つが黒部の研究所を襲う。この混乱の中で由希奈の触れた研究対象とされていた物体が反応して中から裸体の武士の様な言葉を使う男出現。これってじゃあアバンで出ていた日本の中世の様な舞台で戦っていたロボット?

彼と研究所の防衛隊が頑張って研究所は何とか守られた。だが富山湾に落下した方は陸上目がけて進撃して来る。

防衛用ロボットが2機ともタンデムの2名搭乗だったので、予告の場面からも見て、どうやら武士男と由希奈が研究所で研究対象にされていたロボットに搭乗して戦うと言う展開になるのだろうか。
参考資料

私はP.A.が好きだから贔屓目で見てるかもしれないが(でも最後までP.A.とは確信してなかったのでその意識は無かった筈)ロボットアニメだけど面白かった。

|

« 坂本ですが?・第1話 | Start | 甲鉄城のカバネリ・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63457971

Folgende Weblogs beziehen sich auf クロムクロ・第1話:

« 坂本ですが?・第1話 | Start | 甲鉄城のカバネリ・第1話 »