« GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第12話・最終回 | Start | Dimension W・第12話・最終回 »

魔法つかいプリキュア!・第8話

「今、ペガサスっていいました?」
これ、毎回やるのか?

今日の課題はペガサスとの記念撮影。魔法界の記念撮影ツールは羽ペンの形をしたアイテムで撮影しろと命令するとその場を記念カキコしてくれる。そんなのスマホの方が手軽じゃないかと一瞬思ったが、世間に満ち満ちているあのスマホでの自撮りの無様な姿をプリキュアが曝す事にならないと言う点で優れたアイテムだと理解した。
参考資料

しかしペガサスなんてそう簡単に見つからないなどと言った矢先にペガサスの編隊飛行。慌ててみらいが箒で飛び出すが未来はまともに箒では飛べないのであった。アイザック先生曰く、箒は信じる心で飛べると。つまりFCのグラシュみたいなもんですな。

さて課題と思ったらあっさりみらいとリコが他の子達とはぐれてしまう。いや、おまら絶対わざとはぐれたね。上を見るとペガサスが居たので二人で役割分担してペガサスの注意をあっち向いてホイで逸らして記念撮影しようとしたが、あの羽ペンがすぐに見つからずに失敗。何気ないエピソードだったが、まさかあっち向いてホイと騙して撮影するんじゃなくて信頼関係を結んで撮影すると言う二つの要素が含まれていたとは。

撮影に失敗して穴の中に落下。すると子供のペガサスが悲しげな鳴き声をあげていた。どうも負傷してしまっているらしい。二人がそちらに注意を向けている時に、モフルンがいつもの甘い匂いがするモフと導かれる。でも今回に限っては匂いでおびき寄せて食べてしまう植物の話をしたので良いのか?と思ったが大丈夫だった。

みらいがモフルンを探しに甘い匂いを出す花の近くに行ったら落下した時の傷が癒える。これだと言う事で例の子供ペガサスをそれで癒やすんだろうなとは思ったが、まさか子供ペガサスを連れて行かないで花を摘んでくるとは。

ともあれ傷が癒えた子供ペガサスのところに親ペガサスがやって来てよかったねと涙をこぼすとそれが触れた花束が感応して癒やしの花からピンクトルマリンが出現。ああ、涙をかけるために花を摘んできたのかw

そこにリンクルストーンの反応に惹かれてスパルダ登場。花畑を荒らしたところ、親ペガサスが怒ってスパルダに向かう。それをスパルダがあっさり捕らえて、これは好都合だとその場にあった植物とこのペガサスを使ってヨクバールを生成。さらに花畑を荒らすのでみらいとリコはダイヤスタイルプリキュアになって戦う事にした。

でもヨクバールとは言っても素材はあの親ペガサス。情が移っているからいつもの打撃系攻撃が出来ない。それを見たスパルダがこれはプリキュアを倒すチャンスだとヨクバールをけしかける。これに子供ペガサスが抵抗をみせたらかすかに残っていた親ペガサスの心が反応して攻撃が鈍ってしまった。

これなら何とかヨクバールから親ペガサスを分離させる事が出来そうだとリコがあっち向いてホイで囮になってヨクバールの隙を作ったところをみらいが今回のピンクトルマリンでヨクバールから親ペガサスを分離。
参考資料

残りカスになったヨクバールじゃ抵抗する術もなくプリキュアにやられてしまった。私はてっきりいつものトドメの攻撃だけで分離出来るんじゃないかとおもったんだけどね。

やはり心のあるモノはダメだと逃げるスパルダだが、いや、そこはもっと別の視点で対プリキュア作戦に活かさなくちゃ。

これで母娘ともども助けられたペガサスは二人に懐いて進んで記念撮影を受けた。
だましうちじゃない記念撮影にアイザックも大満足の合格点。
参考資料
でもあと一回で補習は終わりだね。

|

« GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第12話・最終回 | Start | Dimension W・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63401840

Folgende Weblogs beziehen sich auf 魔法つかいプリキュア!・第8話:

« GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第12話・最終回 | Start | Dimension W・第12話・最終回 »