« ハルチカ~ハルタとチカは青春する~・第12話・最終回 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第12話・最終回 »

僕だけがいない街・第12話・最終回

俺の記憶は戻って居るぞと八代に宣言した悟。それを聞いてにやりと笑う八代。八代は勿論悟の記憶が戻るのを期待していたしそれに感づいてもいた。

悟の記憶が戻っているのに気が付いていたのは何も八代だけではない。勘の良い賢也も気が付いていた。それを聞いて驚いた広美と、そして賢也に、悟は巻き込みたくなかったからだと言う。15年の歳月を眠って経ていた自分の証言はもう誰も取り合わないだろうと。でも賢也は15年前に自分達を信用して加代達を助けたのは悟で、今回だって信じていると言う。その為に賢也と広美は医者と弁護士になった。

気づいているのは当然妖怪佐知子もそうだったw
15年間悟の世話をして来た佐知子は妖怪だろとそうでなかろうと悟の表情を見ればそれが分かる。加代と会った時に記憶が戻ったのだろうと。
参考資料

この、賢也や佐知子が記憶を戻っているのを察知していたエピソードを挟むのは大事でそうでないと後の展開がご都合主義になっちゃう。

八代は自分の計画を頭の中を読まれている様に次々と阻まれた悟の事はずっと気になっていた。そして水に沈むその直前に悟が「お前の未来を知っている」と言うのも。だから15年間悟が目覚めるのを待っていた。あんな短冊まで、それこそ本心であんな短冊を書いて。
参考資料

そして起きていなかった犯罪を今準備しておいた八代。あの久美ちゃんの手術用の点滴には筋弛緩剤が入れられてその点滴袋には悟の指紋を付けておいたと。その後の筋書きはそれを苦にした悟が屋上から車椅子で転落死すると言うものだ。どこで指紋をつけた?

さっきから少しづつ開いていた屋上の柵の扉。それを尻目に悟は八代は自分を殺せないと言う。八代の隙間を埋めていたのが自分で悟の存在が八代の存在意義でもあったから。

そんな事は無いと言う八代だが、その八代の手の中から飛び出して悟は車椅子をあの開いた柵の扉の方へまっしぐらに走らせる。落ちかかった車椅子を八代が何とか止めるが、諦めて車椅子から手を離すと車椅子が地面に落下して叩き付けられた音。悟が死んだと思った八代は悟の後を追おうとしたが、下では佐知子や賢也達が用意したマットでこちらを見る悟が居た。

加代達を助けた最後の仕上げは結局八代が捕まる事で八代自身の解放にもなった。そして悟が居なかった15年間の僕だけがいない街・僕だけがいない時間が悟の宝物となった。
参考資料
なるほど、それが僕だけがいない街なんだ。

それから年月を経て悟が漫画家になっている。第1話の時は突き抜けるモノが無かった漫画を描いていたのに、このリバイバルを経て突き抜けた作品を描く漫画家になっていた。アニメ化もだそうだw

みんなに会いに行った北海道苫小牧。あれからもうリバイバルは起きていない。
参考資料
校舎が建て変わってる。

さてこのあたりで時間も残り少なくなってどうまとめるのかと思っていたら、悟は漫画を描く気分転換に外へ。雪がと言われたのでてっきり北海道?と思ったが宅配便の宛先が船橋市になっていたから船橋なんだなあと。雪景色とか子供の服装とか北海道ぽかったのだが。

そして行ったあのガード下。確かに船橋のあの愛梨と雨宿りしていた場所。ピザの宅配バイクが来たからてっきりそれが愛梨かと思ったのだがそれは違う。でも雪を避けて雪やどりにやって来た子が居た。愛梨じゃないか。
参考資料


八代の件を片付けてから話をまとめるのは難しいんじゃないか、下手な展開にしたら台無しになっちゃうと心配したけど、綺麗にまとめたと思う。二期を求められない完成品だけど一年ぶりのノイタミナ枠の名作だったと思う。

|

« ハルチカ~ハルタとチカは青春する~・第12話・最終回 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63395049

Folgende Weblogs beziehen sich auf 僕だけがいない街・第12話・最終回:

« ハルチカ~ハルタとチカは青春する~・第12話・最終回 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第12話・最終回 »