« GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第11話 | Start | Dimension W・第11話 »

魔法つかいプリキュア!・第7話

「今日の特別講師は人魚のロレッタ先生です」
「今、人魚っていいました?」
みらいの口癖になっているみたいだが、印象としてはめぐみんw

発声は魔法にとって重要と言う事でロレッタ先生による声の授業。大きな貝の上で「はっせい」って言ったからてっきり「発生」かと思ったよ。

ロレッタ先生が発声するとその傍らに生えている謎の緑色の藻類が波打つ。一体緑色の藻類、何物なんだ。コンブは海中では茶色なので絶対コンブじゃない。ワカメも海中では茶色だし、そもそもその藻体の形はワカメではない。中心に茎の様に見える厚みがある未確認のミルかもしれぬ(白目
参考資料
生徒達のあーあーあーあーあーではその謎の藻類がしおれる。

生徒達にはマール貝が渡される。マール貝に話しかけて口を開けさせると言うのが課題。なるほど、マール貝も呆れて口をあんぐりと開ける様な事を言えば良いのだな(違

なかなか命令しても、マール貝は口を開かない。

そんな課題が出されたと言うのにみらい達はなんだか呑気に高等植物の果物の様な物を食べている。そのうちに物珍しさに近寄って来た人魚の子供達と仲良くなった。子供達によれば昔は人魚も陸上に上がって、しかも空まで飛んでいたのだそうだ。それが行われなくなった頃、宝物の貝が口を閉じる様になったと言う。

リコがそこに書いてある文字を読んだところ、人魚が再び心を開いたらこの貝も口を開いて輝きの人魚が出現するだろうと。
参考資料

などと言う所に懲りずにガメッツさん到来。またもやリンクルストーンの反応があったからだと言う。なんでまたみらいとリコが行く先々に来るのかと思うが、みらいとリコの行く先でリンクルストーンが活性化しちゃうのだから仕方ない。

ところが今回、モフルンが人魚の子供達に抱かれてしまっていた為にプリキュアになれない。そこを良いようにヨクバールで荒らすガメッツ。このまま一体を破壊したら自ずとリンクルストーンも出現するだろうと。いや、いや、それじゃ瓦礫の下になって余計分からなくなるだろ。

プリキュアになれないものの、人魚の里を荒らすのを許せないみらいとリコが叫ぶ。それに呼応したのが今回の課題のマール貝。二人の言葉に反応して次々に口を開くと辺り一帯が光につつまれ、そして宝物の貝も口を開くと中からサファイア出現。

と言う訳で新たに出現したサファイアを早速使ってサファイアスタイルプリキュアに。今迄の中で一番好きなスタイルかも。プリキュアになってしまったら今迄と代わり映えのないヨクバールが敵う筈がない。
参考資料

あっと言う間にやられてしまい、それを見たガメッツは
「新たなる力?ふふ、ますます面白くなって来たな。覚えてろ!」
それ、完全に負け惜しみですがな。

ロレッタ先生は宝物の貝から出現したサファイアをいとも簡単にみらいとリコにくれてしまうのだが、ひょっとして二人が輝きの人魚=プリキュアって気づいちゃったの?

|

« GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第11話 | Start | Dimension W・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63373029

Folgende Weblogs beziehen sich auf 魔法つかいプリキュア!・第7話:

« GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第11話 | Start | Dimension W・第11話 »