« 僕だけがいない街・第10話 | Start | 魔法つかいプリキュア!・第6話 »

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第10話

シャンディーは書海亭のボーイなどに面が割れていないのを伊丹に頼まれて彼らに笛吹き男からの接触があるのを見張らせていた。予想通り一人の女ノッラがやって来てレレイを守って名誉挽回の機会を作りなさいと唆した。あっさりそれに乗るボーチ達。それを見てシャンディーは頭を抱えてしまった。そしてシャンディーはノッラの後を追う。えー、シャンディーみたいな頼りないヤツが尾行とか無謀なんじゃ。
参考資料

案の定シャンディーは4日程音信不通で帰って来ない。結構みんな諦め顔だったがグレイが探しに行こうとしたところでシャンディーが駆け込んで来た。ノッラが笛吹き男みたいなのと接触したところまで尾行したのだが、その後は見失ったのだと言う。

ノッラはボーイ達にレレイには服の下に甲冑を来て防刃とし倒れたふりをして笛吹き男が近寄るのを捕まえれば良いと言っていたと言うので、そこまでは騙されたふりをしようと言う事になる。

取り敢えずこの様な形で準備してレレイは導師号試験へ。発表の順番を待つ魔術師達だが、この中の者も笛吹き男に洗脳されていた男が居た。長年苦労した自分の研究を盗んで導師号をレレイが得ようとしていると思い込まされて刃を向ける。伊丹に見ぬかれて別室へ拘束。

そしてレレイの発表の番がやって来る。例のノッラが立ち上がってレレイに向けて襲いかかった。予想はされていたものの、動きが速かったせいで伊丹の銃口が間に合わない。と思ったら四方八方から魔法攻撃が。みんなレレイに暗殺の手が伸びていると言う噂を聞いて魔術師達が手ぐすね引いて待っていたのだ。いやあ、魔術師凄いねw
参考資料

しかしノッラを拘束して安心した伊丹やレレイの隙をついてレレイの背後に迫る影。そう、シャンディーも洗脳されていたのだ。いや、予想してたよw 伊丹達は予想しなかったのか?

でもレレイは服の下に甲冑を着ていた。だからシャンディーの刃はレレイの身体に届かない。拘束されたシャンディーはピニャの地位が危ないのでレレイの首をゾルザルに献上して助けようと思い込む様に洗脳されていた。でも甲冑を着てるとか卑怯だと。このおバカさん、自分でこの話したじゃない。おバカさんのまま洗脳されていて助かったな。

ロンデルではこんな事になっている頃、帝都では翡翠宮にゾルザルが派遣した兵が薔薇騎士団達と戦っていた。しかし、掃除夫達は戦意が高くとも動員された正規兵達は何故味方同士で同士討ちをしなくてはならないのかと全く士気が上がらない。おかげで翡翠宮はこの数日を持ちこたえていたが、薔薇騎士団達にも疲労の色が濃くなる上、籠城用の食料も尽きかけていたので囲みを突破してイタリカに向かおうとしていた。一方のゾルザル側の指揮官ルフルスはテューレに督戦される。

皇城では囚われたピニャが奴隷服に着替えさせられ嘗てテューレが入れられていた牢獄の中に。この事は急使によってロンデルの伊丹の所に伝わる。ピニャの危機にジープを駆って帝都を目指す伊丹。
参考資料

そして遂に特地の狭間の所に命令が入る。直ちに翡翠宮の邦人を亡命希望者と共に救出し帝国との和平の道を確保すべしと。

救世主自衛隊クルー!
参考資料
参考資料

|

« 僕だけがいない街・第10話 | Start | 魔法つかいプリキュア!・第6話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63335503

Folgende Weblogs beziehen sich auf GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第10話:

» ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第22話 『奴隷服を着た皇女』 ピニャを虜囚に貶めて我が世の春を謳歌するゾルザルとテューレ...今に自衛隊が来るぞ。 [こいさんの放送中アニメの感想]
今が絶頂期。やりたい放題のゾルザルとテューレの二人は実に楽しそう。でも来週は日本とピニャと薔薇騎士団の反撃を食らうことになる。そう期待せざるを得ませんね。 300VS1000!不利な事より薔薇騎士団が300人も居た事にビックリ。ピニャへの忠誠篤い騎士団の戦意は旺盛で、他方無理やり借り出された正規軍の士気は低空飛行。お陰で戦況は一進一退ですが、回復力の差は歴然ですね。向こうは三隊に分けて三交代で消耗戦強いても良いんですから。しかし督戦に来たテューレが逆に足を引っ張って、ヤル気の出ない総攻... [Mehr erfahren]

verlinkt am 15. März 16 um 14:44

« 僕だけがいない街・第10話 | Start | 魔法つかいプリキュア!・第6話 »