« プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ・第8話 | Start | 僕だけがいない街・第8話 »

この素晴らしい世界に祝福を!・第7話

カズマは心の叫びを口から捻り出す。
「金が欲しい」と。

何しろデュラハン=ベルディアを倒すのにアクアがアクセルの街に災害級の水をぶつけてしまって外壁の修理などに賞金3億エリスを超える借金を抱えてしまったからだ。それなのにアクアは無神経に女神たる私をもっと崇めろ甘えさせろと言うので切れたカズマがじゃあ賞金も借金も全部お前にやると突き放すと、今度は泣きついて来る。鬱陶しいけど或る意味では可愛いw
参考資料

そこに行くと賠償金無しで対ベルディアクエストの参加報酬を貰った他の冒険者達はこの寒い季節に暖かい酒場でぬくぬくとしていた。仕方ないのでカズマ達は新しいクエストを探す。

一撃同士の戦いだと、めぐみんが失敗した時に取り返しが付かないので危険そうなクエストは避け、わけわからん要塞の偵察が良さそうだと思ったがそれを避け、なんだか簡単そうな雪精のクエストをカズマが選んでみた。但し、ダクネスを筆頭に期待感満載で見ているのが気になる。

流石にいつもの装備とは異なるそれなりの防寒装備で雪原に来たカズマ達。そこに出現したのが小さくて可愛らしい雪精達だった。これなら楽勝とカズマは退治を開始したが、ぽわぽわと飛んで結構難航している。これなら夏休みの虫取り網じゃないかと笑ったアクアの装備の方が役に立ってる。

めぐみんが爆裂魔法で辺り一帯の雪精を片付けようと提案したので、なかなか捕まらないとじれったい思いをしていたカズマはGOをかける。爆裂魔法の効果どおりに辺り一帯を吹っ飛ばしてぶっ倒れためぐみん。しかし事件はこの後起きた。

雪精のボス、冬将軍が出現したのだ。もともと精霊だから姿形はイメージした側の影響を受けると言う事で、どこかの日本人冒険者が冬将軍をイメージしてしまった結果らしい。きっとNHKの天気予報を見た日本人冒険者だな。

これが姿の通りに強敵で、ダクネスが剣で立ち会ったものの、一撃でダクネスの剣はへし折られてしまう。めぐみんは死んだふり。アクアに至っては冬将軍は寛大な精霊なので、捕まえた雪精を開放して恭順の意を表すれば許してくれると言って雪精を開放して土下座してしまった。ちょっとは何かで抵抗するとか言うのは無いのか、このプライドレス女神は。ダクネスはそんな事できぬと言うのをカズマが力ずくで頭を抑えると、そこに快感を見いだす。しかしこれが問題だった。

ダクネスを抑え込んだせいでカズマの平伏が遅れる。そこに容赦なく振り下ろされる冬将軍の剣。

「おらは死んじまっただ~」(古い、古すぎる)

カズマはまたあの椅子だけのある空間に飛ばされ、二度目だから自分があの世界で死んでしまったと言うのを悟る。そしてそこに女神が出現した。この女神はあの冒険者の世界の女神エリス。通貨単位にまで名前が使われている女神だ。
参考資料

エリスはダ女神のアクアとは違ってこれまでのカズマの活躍はずっと見守っていた、随分苦労しましたね、新に恵まれた日本の環境に転生させてあげましょうと言う。これに感動したカズマ、ついでにもっと要求を出すのでこれは不味いんじゃとも思ったが、慈愛に満ちた女神エリスは怒らずにカズマを転生させようとする。だが、日本に転生すると聞いたカズマの目からは何故か涙が。

そこに傍若無人女神アクアが割り込んで来た。カズマに蘇生魔法をかけたのでとっとと生き返ろと言うのだ。しかしエリスが再度の蘇生はルール違反だと叫ぶものの、相手が後輩エリスだと知ったアクアが上げ底を強請りネタにして強引にカズマを蘇生させてしまった。

これで首ちょんぱされたカズマは生き返る。流石にめぐみんとダクネスはとても心配していて、息を吹き返したカズマに泣きながら抱きついて来た。一方、アクアの方は「どうよ」と言う表情で感謝の言葉を述べろと言う。この女神とエリスとでは雲泥の差で、女神チェンジを渇望するカズマであった。
参考資料

|

« プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ・第8話 | Start | 僕だけがいない街・第8話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63263257

Folgende Weblogs beziehen sich auf この素晴らしい世界に祝福を!・第7話:

« プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ・第8話 | Start | 僕だけがいない街・第8話 »