« この素晴らしい世界に祝福を!・第1話 | Start | 僕だけがいない街・第2話 »

無彩限のファントム・ワールド・第2話

えー、カントとかソシュール知ってると残念知識なのかー。ヒトが持つランガージュを個人個人がパロールによってラングとして表現するが、シニフィエに対してシニフィアンは恣意的だから個々人によって表現が異なるとかいつか言い出しそう。以上、上述のカタカナを覚えるとソシュールを知ってる風を装う事が出来るのでお勧め(をい
参考資料

さて、真姫ちゃんみたいな赤髪キャラの水無瀬小糸。姫野先生によると大きな能力を持ってるせいで単独で行動してるが部に勧誘したいところだと言う。と言う訳で晴彦や舞達がアプローチするが、小糸にその気は無い。

ところがある時、小糸に行った依頼に姫野先生が手伝いに行けと言った事でちょっと事情が変わる。高い能力を持つと言われた小糸だったが、行った先の工場で得意の音波攻撃が相手のノイズキャンセル防御で無効にされてしまって窮地に陥った。おいおい、高い能力がそれかよ。もっと違う能力も持ってるとか無いのか。

そこにやって来た舞が肉弾攻撃で相手のスピーカーを破壊して反撃を断ち、玲奈が問題のファントムを呑み込んで始末してしまった。これで小糸も一応晴彦達のチームに一目置く様にはなった。

戦闘で服が汚れてしまった為に舞と玲奈は晴彦の家に行って風呂に入って服を着替える事になるが、この作品いちいちえっちぃ表現が多いな。この場面で驚いたのはルルが晴彦の家に住み込んでないと言う点だった。えー、それ、どんな意味があるんだ。普通あそこまで一緒なら寝食も一緒なんじゃないのか。

そして今回二回目の依頼。いや一回目は直接依頼じゃないんだけど。女子大の寮に覗き魔のファントムが出現するので退治して欲しいと言うもの。女子大と聞いて鼻の下を伸ばす晴彦に舞が「いやらしい」と言うが、そんなブルマの格好であらぬポーズをとっていた舞に言われたくない。
参考資料

現地に行ってみるとドピンクの部屋が問題の場所。しかし待てど暮らせど覗きファントムは現れない。やっぱり着替えをしなくちゃならないのではないかと玲奈が言って、舞が晴彦を見たから、下野キャラならこいつに着替えをさせるのかと一瞬思ったが、晴彦は追い出される側だった。

着替えが始まるとすぐに覗きファントム出現。着替え姿は割合おとなしめだったな。部屋に飛び込む度に晴彦は窓から突き飛ばされ、舞がなんとか撃墜しようとするもUFO型の覗きファントムは撃墜されない。でもあんな狭い場所なら玲奈の吸引ですぐに退治できたんじゃないのか。

ともかくうまく行かないのでここで晴彦の召喚能力が登場。スケッチしたマルコシアスを召喚しようとするが、でもあれがそのまま出て来たらもっと悲惨な状態になりそうなのを、未熟な召喚能力なおかげで子犬が出て来る。おまけに役に立たない。一応なんとか加えて動きが鈍ったすきに玲奈が吸引。但しこの大暴れのせいで部屋が随分荒れてしまい、小糸からは有能かと見られていた晴彦達がまたぞろ無能視される事に。
参考資料

|

« この素晴らしい世界に祝福を!・第1話 | Start | 僕だけがいない街・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63067874

Folgende Weblogs beziehen sich auf 無彩限のファントム・ワールド・第2話:

« この素晴らしい世界に祝福を!・第1話 | Start | 僕だけがいない街・第2話 »