« プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ・第3話 | Start | 僕だけがいない街・第3話 »

この素晴らしい世界に祝福を!・第2話

冒険者としてクエストをクリアして行き、やがては魔王を倒して元の世界へ帰る。そんな計画だったのにすっかりフリーターの様な暮らしをしているカズマとアクア。それでも今日こそはクエストをこなして行く筈だったのにこのざまだよ。
参考資料

アクアにお任せしてどーんと行く筈だったクエストは3日でジャイアントトードを5匹倒す。グリムガルのゴブリンみたいな倒す時の抵抗感はなさそうだが、でかすぎでしょ。逃げまどうカズマを見て笑うアクアだったが、女神様に任せなさいと言う女神パンチ・相手は死ぬが全然効かず逆に飲み込まれかける。ジャイアントトードがアクアを飲み込もうと動きを止めたおかげでカズマは何とか1匹討伐に成功したらしい。あんな短い剣でよく出来たな。

役立たずの女神と元ヒキニートの冒険者ではジャイアントトードを倒すのすら困難と理解した二人はパーティへの参加者を募る事にした。KYUBOと書かれた急募では上級職の冒険者のみに絞った為に半日経っても誰も応募して来ない。ところがそこに中二病ウィザードがやって来た。カズマは元ヒキニートなんだからこいつが中二病なんだとさっさと理解しろ。
参考資料

冒険者カードには確かにアークウィザードと書かれているのでめぐみんがアークウィザードなのは本当なのだろうが、この雰囲気は何か使い物にならない点があるのだろう。OPを見てると威力が凄すぎてパーティが巻き添えをくうからやってられないとかかなと思った。

ともかくめぐみんを引き連れて残りのジャイアントトードを倒すべく出かける。めぐみんの詠唱は長くかかるからその間動きを止めておいてくれと頼まれたカズマは、じゃああの遠くに居るのをめぐみんの魔法で倒して、その間近いジャイアントトードを止めようとした。

魔法は確かに長い詠唱で発動され、強大な爆裂魔法によって遠くのジャイアントトードは倒される。しかしこの振動で新たなジャイアントトードが出現。2匹を続けて倒そうとしたらめぐみんは力を使い果たしてぶっ倒れていた。力を使いすぎて2発目の魔法どころか身体を動かす事すら不能だと言う。こうしてまたもやアクアが飲み込まれかけ、そして新に出現したジャイアントトードにはめぐみんが飲み込まれかけ、仕方なくカズマが頼りない剣でジャイアントトードを倒す。

ジャイアントトードの粘液でべとべとになったアクアとめぐみんを引き連れて街に帰って来たカズマだったが、めぐみんをおぶりながら、他の魔法が一切使えないめぐみんにこいつ全く使えねーとパーティへの参加を拒否する気持ちでいっぱいだったが、泣いて懇願するめぐみんを見た周囲の視線に負けてパーティへ加える事になってしまった。

まあ確かに1日1回しか使えないアークウィザードだが、アクアよりはマシなんじゃないかとw
ただ、資金が潤沢じゃないパーティだから秘密兵器として滅多に使えないアークウィザードを養うのはそれはそれで台所事情が大変だろうとは思う。

パーティの行く末に鬱々としていたカズマの所に新たな応募者がやって来る。年上おねえさん的な美人騎士。思わずきょどるカズマだが、カズマの様なパーティに参加を求めるのだからまたぞろめぐみん見たいな使えない騎士なんだろうな。どう使えないんだろう。
参考資料

臆病だとかw
喋りがちょっとおかしかったから。

|

« プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ・第3話 | Start | 僕だけがいない街・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63099778

Folgende Weblogs beziehen sich auf この素晴らしい世界に祝福を!・第2話:

« プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ・第3話 | Start | 僕だけがいない街・第3話 »