« Dimension W・第1話 | Start | シュヴァルツェスマーケン・第1話 »

灰と幻想のグリムガル・第1話

またRPGプロモーションアニメかよと思ったら、これはラノベ原作との事。

登場人物の会話から察するにRPGの世界に入ってしまって元の世界の記憶がほぼ消え去ってしまっている様だ。ふとしたはずみに携帯とか口走るものの、それが何かを思い出せない。

そして他のRPGアニメと少し違うのは主人公ハルヒロの入っているパーティがどれもこれも初心者で使い物にならないメンバだと言う点。同じ様に急に目覚めてここで義勇軍見習いをやれと言われた人達の中で使い物なりそうな方がさっさとパーティを組んででかけてしまって、残り者同士で作られたパーティと言う。だからゴブリン一匹にすら勝てない。そしてこのままだと野垂れ死に。

この苦境からどうやって脱出するものか。
そこで面白味が出るかどうかで三話目以降の視聴継続が決まる。
参考資料

|

« Dimension W・第1話 | Start | シュヴァルツェスマーケン・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63046779

Folgende Weblogs beziehen sich auf 灰と幻想のグリムガル・第1話:

« Dimension W・第1話 | Start | シュヴァルツェスマーケン・第1話 »