« 紅殻のパンドラ・第1話 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第13話 »

昭和元禄落語心中・第1話

どうでした?
感想サイトでどうでした?で開始するのはおかしな話だが、この作品は私にとっては例外的に原作を先に見てるので、原作を知らずに見た人はどうだったのかなと言う意味で。

昨年夏に入院した時にKindleで何か面白そうなのは無いかなと見ていたら、落語が好きな私にこの「昭和元禄落語心中」の第1巻が無料と言うのが飛び込んできて読んでみた。まあ確かに面白くはあったが2巻以降は買ってないw

今回の1時間スペシャルの内容は、コミックス第1巻+αで、コミックス第1巻は与太郎がヤクザ兄貴の前で「出来心」を演じたと言う所までだった。Wikipediaによると第1巻と第2巻途中までが「与太郎放浪編」で、それがOVAになっていて今回の1時間スペシャルをそれを再編集したものだそうだ。

八雲を演じる石田彰さんは流石で、八雲のキャラをあの雰囲気で声をあてるのもさることながら、この作品では落語家としてもちゃんと演じなければならず、それが出来るのだから凄い。関智一さんも凄いね。

アニメとしので出来だが、与太郎の出来心の演出はどうかなあ。あれ、「出来心」の大筋をまんまやっちゃったよね。それでいて原作にあった与太郎が乗りに乗って演じている風味とか、そのせいで寄席の時間が押してしまってあとの高座の師匠達に八雲と席亭が謝っておくから続けさせようと言う場面が抜けていて、それが無くちゃダメなんじゃないかな。単にヤクザ兄貴が納得するだけじゃ。
参考資料

|

« 紅殻のパンドラ・第1話 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第13話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/63033586

Folgende Weblogs beziehen sich auf 昭和元禄落語心中・第1話:

« 紅殻のパンドラ・第1話 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:第2クール・第13話 »