« 緋弾のアリアAA・第10話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第11話 »

櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第10話

今年最後の骨探しに櫻子が出かけ、付き人の正太郎がいつもどおりにひっついて来て、意外にも磯崎も一緒に来ていた。11月の北海道しかも道北で未だ花の咲く陸上植物(エゾリンドウ)があるのもそうだが、未だ落葉していない広葉樹もあるのか。
参考資料

磯崎が痛い写真を撮って貰っている時に櫻子が静かに!と静謐を求めたら正太郎の目の前を一葉の蝶が飛んで行く。クロヒカゲの漂ったその先にへ櫻子が駆けて行くとそこには期待された死体が転がっていた。またヒトの死体かよ!と思ったら兎の死体だった。ご満悦の櫻子。

その時に磯崎に電話が入り、話を聞いて明らかに動揺が見て取れた。そして今からすぐに帰ると言うのだが、どうやら櫻子の車で来たらしくそのままじゃ帰れないだろうと櫻子も一緒に帰ってやる事にした。今日の櫻子さんはなかなか機嫌がよろしい。

車の中で急いで帰る理由を磯崎は話すのだが、そんな嘗ての教え子のプライベートな事をぺらぺらと喋って良いのか。好意的に解釈するのなら磯崎はそれだけ動揺していて自分を抑える為に話さないではいられなかった、と思えば良いのか。

磯崎の二年前の教え子に「三姉妹」とも言われた仲の良い三人の生徒が居た。圓一重と西沢二葉と津々見三奈美と言う名前まで一二三が入っている生徒達。ところがある時 二葉が残りの二人に何も言わずに失踪。結局見つからずに未解決事件になっているのだと言う。二葉から何も聞いていなかった 一重と三奈美もその後何となく気まずくなって付き合いが無くなったまま卒業。彼女らに何もしてやれなかった事を磯崎は今でも悔やんでいるのだ。今回、一重が居なくなったと言うのが親から入った電話の内容だった。

今回なんだか機嫌の良い櫻子は磯崎を先ずは自宅まで送って服を着替えさせた上で一重の家まで連れて行ってやる事にした。と言う事で磯崎の家に上がる櫻子と正太郎だったが、リビングには沢山の植物が栽培されていた。ただ、櫻子が言うにはどれもこれも割合新しい鉢ばかりだと言う。
参考資料

そして目的の一重の家へ。当然だが玄関で迎えた一重の母は磯崎は良いとしてくっついて来た二人は何だと言う。櫻子が明聖高校のOGで正太郎が現在の生徒と言うけど、それだけじゃ納得出来ないよね。それなのに上げちゃう。出て来た父親も当然何故この二人が居るんだと言う顔をしているが、櫻子が「一重は犬の散歩に出たまま帰ってない」と言い当てたから少しは期待を持つ様になったかもしれない。警察に連絡しないで事を済まそうとしたのもあって。

櫻子はこの両親の話を聞いてもこれ以上得るものが無いと、部屋を見せてくれと言う。これを許しちゃうのも警察沙汰にしたくない一方でこの不躾な女ならひょっとして手がかりを見つけてくれるんじゃないかと言う期待を両親に持たせたのかもしれない。

部屋の中では正太郎がそれとは気づかずに重要なものを発見する。テニス部の写真、空箱のモバイルバッテリー、そして熊のぬいぐるみ。空箱のモバイルバッテリーがあると言う事は、両親からの電話は拒否しても誰かとは連絡を取っている、しかも電源が確保出来ない様な場所で、と言う推測がはたらいた。テニス部の写真を頼りに正太郎は百合子がテニス部だった事から何か情報が無いか聞いてみたら、どうも男を巡って何かあったんじゃないかと言う噂が手に入る。

三奈美との関係を母親に聞いてみたら、今はその子とは何の関係もない、特に三奈美とは家の釣り合いが取れないとか。思ってても言うなよ母親w

気分が悪くなった櫻子は次に三奈美のアパートへ。まあ行ってみたら確かに一重の母親が思わず言ってしまう様な一重とは家庭環境が全く違う家だった。ここでも櫻子は遠慮無しに三奈美の部屋に入って物色する。三奈美の親が櫻子が家に上がるのを許したのは何故だったんだろうな。一重の場合は警察沙汰にしないまま解決したいが為に譲歩したとは思えるがこっちは理由がつけられない。

そこで正太郎は一重と同じ熊のぬいぐるみを発見。そして櫻子はゴミ箱からレシートを漁って三奈美が何度も行っていた店を発見。レシートを家に持ち帰るとか、随分マメじゃないか、三奈美。そしてトドメはベッドの下から絵を発見。この絵はあの藤岡の家で見かけたのとタッチが同じで、おそらく同じ画家によるものだろう。ここに描かれているのは三奈美で、藤岡の家にあったのは一重の方か?
参考資料

櫻子達はレシートの店に行ってみれば案の定三奈美が居た。しかし色々聞き出そうとしても反抗して口を割らない。こう言う「子供」は食べ物を与えるのが一番だと櫻子は三奈美を自宅の夕食に招く事にする。櫻子の家に行く途中で三奈美に磯崎がお前達三姉妹が残念な事になったのを悔いている、そのせいで植物の栽培に代償を求めるまでになったからこの哀れな男の為に少しは話をしろよみたいなのを振って来た。いやあ、植物は良いよ、そこでも語られた様に動かないのが良いんだよ植物は。

フードコートでの断片的な話と、その後の話とで三奈美は一重がいつも自分が持ってるのを欲しがる傾向があったと言う。ぬいぐるみはそのひとつだと。しかしぬいぐるみは同じ物を買えるけど男はそうは行かない。三奈美は一重に花房と言う画家をNTRされたと今では恨んでいた。

はてさて、一重と三奈美の関係は何とか繋がったけど、じゃあ失踪した二葉は、やっぱりもう骨になってるのかな。

|

« 緋弾のアリアAA・第10話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62844674

Folgende Weblogs beziehen sich auf 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第10話:

« 緋弾のアリアAA・第10話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第11話 »