« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第9話 | Start | ノラガミ ARAGOTO・第10話 »

ランス・アンド・マスクス・第10話

依子がターフェイを殺したと思ったドルゴンが依子に怒りをぶつけようとする。それを阻止しようとする葉太郎。葉太郎がナイトランサーとなって二人が衝突するが、どちらも負けられない戦いで引きようがない。それでも覚悟と格がドルゴンの方がずっと上で、葉太郎の劣勢は隠せない。

この葉太郎を救うのはやはり葉太郎のレディである真緒。
参考資料
真緒がやって来て葉太郎も盛り返す。とは言ってもこのままではどちらもどちらのままで、バランスが崩れるのは真緒がナイトランサーに全幅の信頼を示せなかった時だった。何故真緒はあそこで目を下げたのか。それはともかくこれで力を失ったナイトランサーの方がドルゴンに倒される。

ナイトランサーに槍を突き立てようとしたその時に間に入ったのがターフェイ。ね、やっぱりターフェイは死んではいなかったでしょ?でもドルゴンの突きでトドメを(違う

兄弟の様に育った二人をこんな事をさせる為に葉太郎を誘ったんじゃねーと言うが、まあそうなんだけど元々はあんたが葉太郎にちょっかい出したのが全ての原因で今更何言ってんだと思ったが、回想に登場したあいつが黒幕だったみたいに見える。

実際、頭突きで倒されたと思われていたキルハはやられたふりをしていただけで、アリスが行ったのを確認したら起き上がった。そして黒幕の石田キャラ花房森(忘れていたけど、これって葉太郎の父親だったのかw)が手配したものらしい。葉太郎を実質面でも強くしてランクアップさせる為の手だてだったのか。

依子の手前もあったし、実際ドルゴンと渡り合ったと言うのもあって、葉太郎は館長からアークナイトにランクアップ。おめでとう、悪かったな、と言いに来たミンとハナだったが、ドルゴンの事が仲間として好きなんですねと言う葉太郎が鈍感だと怒るミン。いやあ、今日の今日までそう言う風に描かれていなかったので仕方ないんじゃ。
参考資料

依子が負傷していてちゃんと動ける様になるまで蓬莱島に残っていた葉太郎だったが、それも終わってそろそろ帰って来る頃。真緒の屋敷の方では葉太郎の帰還=依子の帰還なのでユイファ達が懸命に屋敷の掃除をしていた。

しかし葉太郎が帰って来ると言うのにうかない顔の真緒。そしてこぼす言葉は「ナイトランサーは葉太郎なのだろう?」と。バレてました。それがあのナイトランサーとドルゴンとの戦いの場面でナイトランサーを煽れなかった原因だろうか。それでも実際に葉太郎が帰って来たら、そんな事はおくびにも出さず、葉太郎は仕方ないなーと言ういつもの雰囲気。

葉太郎=ナイトランサーと真緒=レディの間にこんな蟠りが残った状態で、新しいキャラが登場。どうやら葉太郎の一件であまり身動きできなくなった現世騎士団東アジア区館に代わって牛耳ろうと言う目論見の大原さん(アフリカ区館館長)らしい。


相変わらず予告は楽しいぷりゅ。
参考資料

|

« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第9話 | Start | ノラガミ ARAGOTO・第10話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62807132

Folgende Weblogs beziehen sich auf ランス・アンド・マスクス・第10話:

« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第9話 | Start | ノラガミ ARAGOTO・第10話 »