« ランス・アンド・マスクス・第9話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第7巻五十合目・飯能アルプス(子ノ権現部分リカバリ) »

ヘヴィーオブジェクト・第9話

あんなに軍功を立てたのに命令違反と言う事で銃弾をカートリッジに詰め込む作業をやらされているクウェンサーとヘイヴィア。酷い仕打ちにも見えるが、たとえ軍功をあげても命令違反の罰は罰ってのは軍規として非常に良いのではないか。

そんな所へヘイヴィア宛の通信が入る。ヘイヴィアの婚約者のバンダービルト家の令嬢(名前不明。おほほと言い、名前の不明なキャラが多いな)だそうだ。貴族同士の婚約なのだが、実は両家は仲が悪くこの婚約に猛反対されていたとの事。ロミオとジュリエットかよ。
参考資料

バンダービルト家令嬢は世界一安全な場所からヘイヴィアの無事な帰還を待ってると言うが、フローレイティア、全然安全な任務につかせてないよね。そのフローレイティアは二人の会話を遮って新たな任務を二人に与えた。

南極のロス海近くを飛行中の正統王国の観測機がSAMの照準のレーザーの照射を受けたのだと言う。テロリストが正統王国の観測機を人質にしようとしたらしいので、お前たち二人は先遣隊として偵察して来いと言うのだ。

今回はSAMで狙った事から、敵にオブジェクトはなさそうだと言う。と言う事で南極の雪原をとぼとぼと歩いて目標へ向かう二人。もうちょっとまともな装備を与えられないのか。ヘイヴィアが銃を一丁、クウェンサーは例によって爆弾。

するとあっさり敵に発見されて銃撃戦が始まる。2対7で、これはどう見ても負け戦だったのだが、もの凄い偶然で敵が氷の上に進出して来た為にクウェンサーの爆弾で氷を砕かれて落下。
参考資料

さらに歩き続けて観測基地に近づいたところ、いきなり出現するオブジェクト搭載のレールガン。オブジェクトこそいないが、オブジェクトの武器があるじゃないかとクウェンサーとヘイヴィアは逃げまわる。

ふとクウェンサーが気がついてミリンダに敵のレールガンの周囲に榴弾を降らせろと言う。この作戦は周囲の氷を下して支持を失った敵レールガンが砲撃の反動で倒れるのを誘うと言うものだった。うーん、だったらレールガンに直撃させても良かったんじゃないの?
参考資料

クウェンサーとヘイヴィアのおかげで友軍は安全に観測基地に近づく事が出来たが、敵の姿が見えない。

何だったんだろうなーと足湯をして気持よくなって寝転んだヘイヴィアがもの凄い偶然で敵の本命を発見。極地衛星を乗っ取って月にある上流階級のリゾート地をレーザーで狙う装置だった。

報告を受けたフローレイティアはそれはそのままで良いと言う。今、その保養地にいるのは札付きの資本企業軍の少将で、これ幸いとテロリストに殺させようと言うのだ。なーんだと思ったのも束の間。さっきバンダービルト家令嬢が世界で最も安全な所に居ると言ったじゃないか。それはきっと月の保養地だ。フローレイティアのあの口調だとそれを知らない。ここはフローレイティアに問い合わせる時間など無しで装置を止めるしかない。間一髪でバンダービルト家令嬢を救ったヘイヴィア。

両家の対立は深いが、バンダービルト家令嬢を救ったヘイヴィアと二人の仲はそれ以上に深くなったな。

|

« ランス・アンド・マスクス・第9話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第7巻五十合目・飯能アルプス(子ノ権現部分リカバリ) »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62767761

Folgende Weblogs beziehen sich auf ヘヴィーオブジェクト・第9話:

« ランス・アンド・マスクス・第9話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第7巻五十合目・飯能アルプス(子ノ権現部分リカバリ) »