« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第8話 | Start | ヘヴィーオブジェクト・第9話 »

ランス・アンド・マスクス・第9話

確か先週白姫は「次回のランス・アンド・マスクスもクライマックスだし」と言っていた筈なんだが・・・

押され気味の葉太郎救出隊。そりゃ設定上はどの組み合わせも館長側が格上だから。依子は相当の実力者だが相手は館長。アリスは葉太郎のエクスワイア(従騎士・騎士みならい)。シルビアは一応権騎士(プリンシパリティ)。ユイフォンは騎士と言う訳ではない。それが騎士団の「四神」と対戦するんだから。

それがまあ火事場の馬鹿力と言うか、使命感のなせる技と言うか、最低限でも引き分け、或いは勝っちゃう。ユイフォンは力を出し切って相討ち。まあこれは分からないでもない。アリスは今迄封印していた武器も使っての勝利。それにしてもミンが自分の輪っかを全部撃ち落とされたから負けだと言うが、あれは見ていていつか尽きるだろうなと思っていたので撃ち落とされなくても尽きたら負けならいつか負けるじゃん。

シルビアは自分がエクスワイアのくせに、四神にして余裕ぶっこいてるイ・キルハと対戦。どうもたまたまイ・キルハが槍を持っていなかったから格闘戦でなんとか勝負にしたかったらしい。でも格闘戦でもイ・キルハの方が上だった。だがここに思わぬ伏兵。シルビアは葉太郎の役に立ちたい一心で金剛寺に技を教えて欲しいと頼み込んでいた。その意気に負けた金剛寺が格闘術だけはシルビアに基礎を教えたので、パーパ(金剛寺)をこの上なく尊敬しているユイエンはパーパの教えを受けたシルビアが格闘術で負けるのは許さないと手助けに入る。

手助けと言ってもイ・キルハに突っ込んで行って視界を奪うだけだったが、そのおかげでシルビアはイ・キルハに突っ込む事が可能となる。

アリスチャージ!
参考資料
ただの頭突きw

こんな事でと倒れたイ・キルハの台詞は心底そう思った結果だろうw
これでシルビアが勝った勝ったと喜ぶのだが、視界を隠されてる隙に頭突きしただけじゃねーかと怒るユイエン。

依子の方は館長がこれで大人しく葉太郎をよこせよと言ったのに対して、葉太郎は誰の物でも無いと怒りに火が点く。このせいで館長を倒してしまうのだが、以前からあの二人が戦ったら最低でもどちらかが死ぬ、どちらかが死ぬとみんなで合唱していたので、館長は死んだ様な姿になる。でも誰も死んだとは言ってない。

真緒を助けたドルゴンだったが、周囲の異変から真緒に対して安全な場所で待っていろと言い残して戦いの音のする方へ走り去る。第1話で勇者になりたがっていた真緒がその後の方針転換どおりにレディ=お姫様ポジションに収まってる。
参考資料

そして依子と館長の戦いの場に着いたドルゴンは館長が倒れているのを見て、依子に対してよくも大妃を殺したな、館長の仇とばかりに依子に戦いを挑む。これ、本当は死んでないんだろうなあ。それに館長と依子が戦った理由は容易に推察できるだろうに。だからどっちが戦いの発端だったのかも。

依子は既に館長との戦いでボロボロ。その依子を守ろうとして葉太郎が立ち塞がる。


うん、まあ、白姫の予告は楽しいよね。
参考資料
ところで本編で白姫はどうやって蓬莱島に来たの?
置いてきぼりだった筈じゃ。

|

« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第8話 | Start | ヘヴィーオブジェクト・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62761854

Folgende Weblogs beziehen sich auf ランス・アンド・マスクス・第9話:

« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第8話 | Start | ヘヴィーオブジェクト・第9話 »