« 緋弾のアリアAA・第2話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第3話 »

櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第2話

夜、コンビニに買い物に出かけたら外で小さい女の子が一人で居るのを見つけた正太郎、そのままその子を連れて行ってしまう。あ、いや、勿論警察にw

ところがこの子の身元が分からない。小さい子だからあまりちゃんと話せない。しょっているリュックに何か手がかりが入っていないかと警官がよこせと言ってもくれない。ここで正太郎が「カステーラ」を使って釣る。しかし中身にはオモチャみたいな物しかなく手がかりが無かった。が、リュックの外側には赤いシミが。これは血じゃないだろうかと言う事になって、そっち方向の専門家の所へ向かう。

と言う事で櫻子の家に行くのだが、当然夜中に叩き起こされたらそりゃ不機嫌だろう。
参考資料
しかも午前4時まで骨の組立をやって寝たところだ。あれ?じゃあ正太郎が女の子を保護したのは何時なんだ。高校生が深夜にコンビニ出歩いちゃいかんな。うまるちゃんなんて第6話で初めて夜のコンビニにでかけ様としてドキドキしてたんだぞ。
(もう一回見直したら正太郎が冷蔵庫を開けた時刻は3:05だった)

ところで夏の話なのだそうで、札幌の今年の8/1の日の出時刻は4:24。旭川は札幌より若干東で、やや北。と言う事はさらに日の出の時刻が早い筈で、九条家の呼び鈴を鳴らした時に日の出して結構太陽が登っていたから5:00位かな。

怒った櫻子だが、隣に立っている警官よりも正太郎が連れて来た女の子の方が気になって家に引き入れる。そしてリュックについた赤いシミを見て確かにこれは手に着いた血液からのものだろうと言う。さらに観察した櫻子はその子を見てばあやに着替えさせる。着替えさせた事で見えた左腕の様子から剥離骨折をしている事を掴み、だったら病院にその記録が残っているんじゃないかと警官に探させた。ただ、児童虐待した親なら病院にも連れて行かないとかは・・・ニュースになる児童虐待は結構転んだとか嘘ついて病院に連れて行ってるか。

近くの医院に記録はあったものの、記録されている住所氏名は全て架空の物。保険証の住所と違うんじゃ?と考えるより、健康保険にすら入ってなかったのかもしれない。

名前さえ分かればなーと嘆く警官だったが、公園で休んでいたらあの鴻上百合子が通りがかって、この子の名前を呼んだ。知り合いかよ!
参考資料

名前が分かってその子の家に行って見て、中に入ろうとしたら、正太郎が異臭に気が付いてその子が中に入るのを止めた。この臭いは、死の臭い。さあ緊迫して来た。でも正太郎は何故知っている。櫻子と一緒にいるから経験したのか?

ゴミ屋敷の中を入ってみたら台所に女性がうつぶせになって死んでいる。遺体の様子からドアを開けた所をいきなり斬りつけられたらしい。しかしチェーンは壊れていてもドアそのものは壊れていないと言う事は顔見知りの犯行だろう。これ以外の情報は・・・ほ乳瓶が転がっているのを見て、あの保護した子供以外に別の乳児が居た筈だ、それはどこだ!と探す。そして転がっていた缶詰の様子から、缶詰が入っていた筈の場所から缶詰を取り出してそこに入れたのじゃないかと。案の定、遺体の下に収納スペースがあり、開けてみたら弱っている乳児が居た。

櫻子が必死で手当を開始する。熱中症になっている子に冷たい物をあてがい、人工呼吸をし、心臓マッサージも。この場面でさらに外では異変が起きていた。警官に近寄った男がいきなり包丁でこれを刺す。そして家に上がって来た。こいつが女性を殺したか。どんどん櫻子と正太郎の方に近づいて来る。乳児を助けるのと殺人鬼が近寄って来るのとの同時並行で目が離せない。

血だらけの包丁を持った男につきとばされて正太郎はびびりまくり。櫻子は蘇生に必死。これじゃ誰がこの男を阻止するのかと思ったが、あの警官が傷にも拘わらず男を阻止にかかる。それでも負傷しているから思う様に出来ない、その光景で正太郎が動いた。

投げ飛ばしたぞ。

正太郎が男に掴みかかろうとした時に「そうたろう!」と叫んだ櫻子。正太郎がこれでも黒帯・・・と言いかけた所であんな事をするな!と怒鳴る。これは過去にそう言う名前の男の子が何かあったんだな。正太郎と似てる名前の。だから櫻子は普段は正太郎の事を名前で呼ばないで「少年」って呼んでるのか。
参考資料

薬でいかれていた男は捕まり、母親は死んでしまったが、乳児と女の子は取り敢えず助かった。今回はそれだけは良かったと言えよう。


アニメ第1話は文庫1巻に入っていた話らしい。そしてこの第2話はサブタイトルから文庫2巻のエピソード。と言う事は1巻から順に話をなぞらないで飛ばして行くのかな。面白いので勿体ない。

|

« 緋弾のアリアAA・第2話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62481284

Folgende Weblogs beziehen sich auf 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第2話:

« 緋弾のアリアAA・第2話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第3話 »