« ヘヴィーオブジェクト・第4話 | Start | 学戦都市アスタリスク・第4話 »

舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン二十ニ合目、二十三合目・天神峠からオキノ耳へ

二十一合目の探訪記事の続きです。

リフトに乗って天神峠に到着です。
参考資料
参考資料

ここには天満宮があります。
私もこの日の登山が無事に終わるのをお祈りしました。
参考資料
参考資料

ここから見える谷川岳の山頂です。
全体像が分かる様にアニメよりももっと引いた絵にしました。
右下に天神峠から山頂目がけて登り始めている人が見えます。
参考資料
参考資料

4人が朝食を食べているのはリフト降り場の屋上です。
これも全体像が分かる様に引いた絵にしました。
参考資料
参考資料

さて、いよいよ出発。
これはリフト降り場を天満宮とは反対側に出た所にあります。
参考資料
参考資料
山頂まで3.0km、山頂まで3.0kmなのだ!

しかししばし歩いて天神平からリフトを使わずに登って来た道との合流点では、あおいちゃんもびっくりの「あれだけ歩いたのに300m距離が伸びた」となります。
参考資料
参考資料
もうひとつ驚いて下さい。右にほそーい草の生えてない場所がありますね。
あれが天神峠からの登山道です。全く前の人を追い抜けません。
この日は登山客が多くて、この時点では私の前に台北からの観光客の御一行が居て、ゆっくり進むのでちょっと困りました。

そしてそんな渋滞の状態なものなので、余程の要所でない限り写真が撮れなくなりました。うっかり立ち止まれないんです。立ち止まって抜かれるとさらに遅くなるし。

仕方ないのでこれ以降は本当に要所だけ。

熊穴沢避難小屋だ!
参考資料
参考資料
どうです、この渋滞w

天狗の留まり場
参考資料
参考資料

天神のザンゲ岩
参考資料
参考資料

やっと肩ノ小屋に到着しました。
作中と違って好転です。
でも人が一杯いますw
参考資料
参考資料

谷川岳と言えばケルン。
そもそもヤマノススメでは「あの山はどこだったのだろ」と言う回想で登場する象徴です。
参考資料
参考資料

ここから谷川岳山頂までもう少し。
向きがもうちょっと・・・って、実は人が沢山いて無理だったのです。
参考資料
参考資料

肩ノ小屋、今回は日帰りなので中には入っていません。
参考資料
参考資料
4人とほのかはこの日は肩ノ小屋に泊まり翌朝山頂を目指します。


夜明けの肩ノ小屋。
こちらはお昼ですが。
参考資料
参考資料

そして約束の山・・・
あれ、山頂の標識違ったのかな?
参考資料
参考資料

こちらは更に奥のオキノ耳。
人気ありすぎて人が居ない瞬間がありませんでした。
参考資料
参考資料


さて、登りも渋滞なら当然下りも渋滞。特に下りはキツイ下りの手前では下山者が列を作って立ち止まる程の渋滞だったのです。
谷川岳って、やっぱり平日に行かなくちゃダメなんですかね。


詳細な山行記録はヤマレコを参照して下さい。


|

« ヘヴィーオブジェクト・第4話 | Start | 学戦都市アスタリスク・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62541113

Folgende Weblogs beziehen sich auf 舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン二十ニ合目、二十三合目・天神峠からオキノ耳へ:

« ヘヴィーオブジェクト・第4話 | Start | 学戦都市アスタリスク・第4話 »