« 緋弾のアリアAA・第4話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第5話 »

櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第4話

正太郎は父を亡くしていて、だから母親の健康を気遣っている。それに櫻子さんのせいか日々「死」に向き合ってるし、敏感になるよなあ。その正太郎の所に内海巡査から電話が入る。内海の友人が最近自分はもう死ぬんだと言っているので何とかする為に櫻子にご登場願いたいと言うのだ。でも彼が直接言ってもけんもほろろに断られるだけだろうからと正太郎に頼る。

いや、これ、ダメだろ。内海巡査ってどこまで正太郎と親しいんだっけ。何度か事件で知り合いになった程度で正太郎にこう言う頼み事するとか。正太郎は断れない、と言うタイプで内海を櫻子に会わせるが、当然ながら一言の下に断られる。
参考資料

しかし結局正太郎の懇願に折れて引っ張り出された櫻子。かと言って機嫌がよい訳でもなく、内海がうまい説明が出来ないと苛つく。内海の友人は株で一儲けしてこちらに土地を買って家を建て、今は妻と子が居るのだが、その彼が自分はまもなく死ぬと言っていてるとの事。妻も子もある男が日頃からそんな事では困るから、櫻子からがつんと言ってやって欲しいと言うのだ。彼がそう思い込む理由のひとつが、親戚の間を転々とした犬がいて、その飼い主が何人もすぐに死んでしまっているからだと言う。だったら引き取るなよ。

と言う事で、内海の車で現地に向かう。ところが途中で別の車が道を塞いでいたのでバックして別の道から迂回。こんな描写がわざわざあると言う事は何か今回の事件に関係がありそう。それにしてもいくら北海道だからと言って未舗装の道とか、一体どんな場所に家を建てたんだ。下手すると本当は住宅が建てられない場所なんじゃ。

行ってみたらそこは黒いデザイナーズ住宅。
参考資料
株で一儲けして建てたのに相応しい感じもするが、あとからいくつかの場面で見るとなんだか北海道には相応しくない気がする。それは上空からの俯瞰で屋根が真っ平らな点。これは北海道ではほとんどありえない。誰もが気づくと思うが、屋根に雪がそのまま積もって荷重がとんでもない事になるから。北海道で屋根が平らに見える家でも、上から見たら傾斜があって、スノーダクト方式になっている(あ、待って、もう一度よーく見たら屋根の真ん中に向かって傾斜してるスノーダクトにも見える)。それから上川盆地であの小さい暖炉じゃ暖房が足りないんじゃないかな。友人の家で札幌で巨大な暖炉のある家があったが、結局ストーブにしちゃった。もう一点は、キッチンの描写で窓が一重になっていた点。まあこれは描き間違いの可能性もあるけど。だから見た瞬間にこの家は本州の雪の無い地帯のデザイナーズ住宅の写真をモデルにしたんじゃないのかなと思った。デザイナーズ住宅で検索するとよく似た住宅が出て来る。栃木県の。
参考資料

迎え入れられたらさっそく犬が飛び出して来て、櫻子に飛びつく。他の人にヘクター(犬の名)がこんなに懐く事なんて無いのだと。それを聞いてから内海があらためてじゃあこの犬が例のと恐れるが、犬の話をしていて、その家の犬が出て来たら普通は話題にした犬だと最初から思うだろうに。

リビングに通されるとそこにも何だか不気味さの漂う絵がかけられており、そこに見える蝶がまた死体を好む蝶だとか、自分でそんな感じのを招いているよね。

コーヒーを出されたものの、櫻子はコーヒーは飲まない。紅茶も甘い物と一緒でないとダメで、正太郎からは子供の味覚だと言われる。なんでや、子供の味覚で問題ないだろ。と言う事で、林檎ジュースを作ると言う訳で奥さんが台所でジューサーで作ろうと言うのを正太郎が付き合う。家電マニアだから最新のジューサー見たかったと言うが本当か?家電マニアと言うと勇しぶのエルザ・クルーシアル(コンビニの)を思い出すな。

ジュースも出来てリビングに一同揃ったところで相変わらずのネガティブ発想な藤岡毅。櫻子がくだらんなと言うと根拠はあると言って親族のリストを出して来る。まあ確かに夭折してる人は多いが、一応死亡原因はまちまちだと言うのだからこれじゃ科学的な根拠にはならない。

毅は唐突にケーキを取りに行って来ると立ち上がる。先に今日が36歳の誕生日だと言っていたが、奥さんの希望で誕生日用のケーキを用意する事になっていたそうだ。まさかこれで車を運転して・・・と言う流れになるのかなと思ったら、話はそっちには行かない。ケーキを取りに車で出て、その帰り道に誰かに会う。
参考資料

毅の居ない家では呪いの絵の事も話題になっていた。死を嗅ぎ付ける犬の他に呪いの絵まで引き取るんだから、そもそも毅がおかしいんじゃないのか。

これらの話を聞いて櫻子は何か思う事があったらしい。戻って来た毅の腕をむずと掴んで言う。あの絵はしまっていないで飾ってあるな?と。そして君の呪いは私がといてやろうとも。

これは次回が待ち遠しい。

ところで別の作品でも似た話があったが、中学時代を最後にずっと会っていなかったヤツを36歳になってから駅前で目撃してすぐに分かるか?

|

« 緋弾のアリアAA・第4話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62573704

Folgende Weblogs beziehen sich auf 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第4話:

« 緋弾のアリアAA・第4話 | Start | ランス・アンド・マスクス・第5話 »