« ヴァルキリードライヴ マーメイド・第1話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第9巻六十合目・伊吹山 »

ゆるゆり さん☆ハイ!・第2話

結衣が片付けをしていたら服の上に蜘蛛が!
これは自分では処理出来ないと誰かに助けを求めようと思う結衣だったが、京子じゃバカにされるだけだろうと先ずはあかりに電話してみた。あかり、起きたばかりみたいな格好なのに、すぐに結衣の呼び出しに乗って出かける。それにしても電話の会話で蜘蛛を雲と勘違いするとか、お互いおかしい事に気づけ。

雲を期待して結衣の家に行ったあかりが待っていたのは蜘蛛。そもそも雲を見るのに結衣の家に行かねばならない点で疑問に思うべきかもしれないが、世の中には雲の写真の本っていくつもあるからなあ。現に私が何冊も持ってる。

あかりの手に余ったので、結衣は次にちなつを呼んだ。うちに来て欲しいと言うのでろくに何も聞かずにお呼ばれに浮かれて結衣の家に行ったものの、あかりも居てがっくり。しかも呼び出したのが蜘蛛と知って結衣にしがみつくが(その点はラッキーだったんじゃないのか)ここで結衣に良いところを見せておけばと素手で蜘蛛の捕獲に挑む。

素手でかよ!

ところがやっぱりダメだった。一度は捕獲した蜘蛛を放り出し、それがあかりの顔に命中。
あかり、第1話に続いて第2話でも気絶するの真姫。
参考資料

結局京子が呼び出されてカップとチラシでうまく捕獲して討伐された。
しかしあの蜘蛛、よくもまああそこにずっと居たなあ。


あかりが出かけた隙にあかり抱き枕の洗濯をした姉のあかね。いかんね、抱き枕を洗濯する時は最低限表面が痛まない様に裏返して洗濯しないと。裏返して洗濯すると干す時も裏返しだから今回の様な悲劇は起きなかったのに。そもそも直射日光にあたる外に抱き枕を干すとか言語道断だよ、あかね。

蜘蛛が発端で4人集まった結衣の家でホットケーキを焼く事になった。クリームをホイップ出来なかった京子だが、料理を工夫する能力には長けている。結衣の為にマッチョホットケーキ作ったり、あかりが「猫さん」のホットケーキが欲しいと言ったら綺麗な字の猫さんホットケーキ作ったり。


櫻子と向日葵が勉強中。と言っても向日葵が櫻子の宿題を見てやっているだけ。これはやっぱり櫻子の家かな。少なくとも向日葵の家は団地だから違う。だが、宿題にあきあきした櫻子は自分のバッグからトランプやまきヒゲ危機一髪を取り出してみせる。自分の家だったらあまりそんな事しないと思うのだが。
参考資料

櫻子の事を心配する向日葵の事を櫻子が心配すると言う、或る意味で賢者の贈り物みたいなやりとり。
だが、こっちはバカですわねと言う方向だったが。


綾乃は母が知り合いから貰ったと言う服を見て、こんな可愛い服は自分に合わないと言う。いやいや綾乃は可愛い服似合うよ。

ちょっと着てみて折角だからと外を歩いてみる綾乃。町並みがリアルだなとは思ったが、道の真ん中にちゃんと融雪用の水が出るのがある。すると京子とバッタリ遭遇。実はこの服は京子がミラクるんのコスプレ用に買ったのだが、ヒラヒラ感が足りないと言うので親づたいに綾乃の所に来たのだ。

ブランコに座ってお互いの好きな物同士の話をしてる二人だが、こうやって話をしないと未だあまり知らない関係なんだな。綾乃は少女マンガが好きだと言って、京子がミラクるんも少女マンガと言うのだが、その少女マンガの定義がお互い違ってないか?
それにしてもミラクるんを語る京子の顔が輝いている。
参考資料

京子がおしるこを買いに行ってるうちに綾乃はこれってデートじゃな?などと言い出す辺りから綾乃がWorking!の伊波さんになってる。

しかし、エビぞるあかりに似た雲って・・・

|

« ヴァルキリードライヴ マーメイド・第1話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第9巻六十合目・伊吹山 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62469153

Folgende Weblogs beziehen sich auf ゆるゆり さん☆ハイ!・第2話:

« ヴァルキリードライヴ マーメイド・第1話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第9巻六十合目・伊吹山 »