« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第2話 | Start | ヘヴィーオブジェクト・第3話 »

ランス・アンド・マスクス・第3話

葉太郎が出かけている間に真緒の屋敷の方には父親からの「迎え」が来ていた。屋敷に残っていたのはアリスと白姫だからとても防ぎきれない。それにしても父親は真緒の迎えに何故こんな武装した人間を送り込んだんだ。得体の知れない騎士が屋敷に入り込んでいると言う情報を掴んだからか?確かに葉太郎について来たアリスと依子が屋敷に入り、真緒を本気で守る気がないなら出て行けとユイファは退去させられたみたいな状態になったのでその情報が行ってないと言う事はあるまい。

一方金剛寺鎧に槍をへし折られて帰って来た葉太郎、自分の居ないうちに真緒が父親の迎えに連れて行かれたと聞いても金剛寺にうちのめされた気持ちで仕方ないんだと言う。

それを聞いて怒ったのがアリス。葉太郎を突き飛ばして馬乗りになり、そんな事を言うのは、姫を諦めるのなんか騎士葉太郎じゃないと殴り続ける。
参考資料
葉太郎が飛ばされた時にさっき真緒の荷物を整理してたユイファにぶつかって手にしていた荷物が散らばるが、その中には真緒が書いたナイト・ランサーへの手紙があった。

いやね、あんなタイミングでユイファがあんなに荷物を持って来るから何してんだよと思ったが、ここで真緒の手紙が葉太郎の目にとまる仕掛けだったんだな。これで葉太郎が奮起した。白姫に乗って真緒奪還の為に空港へ向かう。

空港ロビーで真緒はどこだと叫ぶんだけど、世の中にはプライベート向けのロビーがあるのか他に乗客が居ない。そして黙ってれば良いものを、真緒を連れて行こうとする劉羽炎の方がノコノコと葉太郎の前に出て来る。このユイエンの方は依子が引き受けて葉太郎は真緒の方へ行けと。これで葉太郎を行かせちゃうユイエンの部下達は無能。

葉太郎は闇雲に空港ビル内を彷徨うと、この凄い空港は電気を流す鉄格子を通路に下ろす。ここ公共の建物じゃなくてきっと鬼堂院家の空港なんだな。葉太郎はまたも闇雲に素手でこれを何とかしようとする。ここに至って本分に目覚めたユイファがハッキングツールを使ってこの鉄格子を開放してしまった。

おそらくユイファの導きでプライベートジェットに辿り着いた葉太郎。そこに金剛寺が立ち塞がる。こちらも騎士の武装で黒馬に跨って。騎士同士の戦いになる訳だが、葉太郎は前回自分の槍を金剛寺にへし折られていてやや臆する様子が見られる。

ここに葉太郎の父親からのプレゼント。前回金剛寺が言っていた「お前の父親は敵と戦う時は必ず棺を持って行っていた、相手か自分が入る為に」と言うその物が空から降って来た。中には父親が使っていた槍ロンゴミアントが出現。これ、棺姫のチャイカの武器の携帯方法だ。
参考資料

ロンゴミアントが何故葉太郎にと驚く金剛寺ではあったが、ここで二人のジョストの時間。葉太郎が金剛寺をぶっ飛ばす事になるが、これだけだと槍の力で勝ったみたいにも見える。

倒された金剛寺にユイエンが目を覚ましてと泣きつく。この金剛寺を依子が蘇生。一方でいつのまにかジェットエンジンの起動が止まっていたプライベートジェットの中にナイト・ランサー=葉太郎が入って、姫を救出。

今回の件で真緒が目覚めてしまった。自分はナイト・ランサーに応えられるレディを目指すのだと。
参考資料
えー、第1話で「よし!」と頑張っていた真緒の方が好きだったのになー。

真緒、かわいい!で見てる訳なんだけど、話はもうちょっと頑張った方が良いね。

|

« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第2話 | Start | ヘヴィーオブジェクト・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62487766

Folgende Weblogs beziehen sich auf ランス・アンド・マスクス・第3話:

« 櫻子さんの足下には死体が埋まっている・第2話 | Start | ヘヴィーオブジェクト・第3話 »