« ランス・アンド・マスクス・第4話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン二十ニ合目、二十三合目・天神峠からオキノ耳へ »

ヘヴィーオブジェクト・第4話

くそったれな戦場に送り出されたクウェンサーとヘイヴィア。今回の任務はジブラルタル海峡において、石油を盗掘してはテロ組織に売り渡しているオブジェクトを阻止すると言うもの。上が出した作戦目標はそのオブジェクトを阻止して原油を奪い返せと言うものだが、いくらなんでもそれは無理だろうとフローレイティアは原油もろとも吹き飛ばして構わないと言う。

構わないって、ハイそうですかと吹き飛ばせるものじゃない。前回はたまたま内部に爆弾を仕込めて自爆を誘えたから出来ただけで、毎回そううまく行くか。

一方、お姫様の方はフィジカルメンテナンスと言う名のローションプレイ中だった。
参考資料

今回はミリンダのオブジェクトもいるので、ミリンダが正面で戦っている隙に何とかしろと言う事になる。その為にミリンダ用オブジェクトのメンテナンスプラントもこれだけ揃えたと言う。
参考資料

うわ、近い。近すぎる。こんなに密集して、これではどう見ても標的フラグではないか。そう思って見ていたら案の定、敵オブジェクトの遠距離攻撃で次々と火だるまになって行く。クウェンサー達の乗ってるプラントも危険だと海に飛び込むが、迫る敵オブジェクトをかわすために海に潜った。

しかし機雷の誘爆に巻き込まれそうだったので、何とか上の敵オブジェクトに上陸する。このオブジェクトのメンテはどうしているんだろうと観察してみると、オブジェクト自身にメンテナンス工場を積んでいた。メンテナンス工場もあるし、当然石油を盗掘したのを積んで行くタンクもある。この巨大なオブジェクト一体で完結している。当然一般兵士も乗っている訳で、あっと言う間に見つかった。

逃げながらクウェンサーは爆弾を貼りつつミリンダに電話して、WL3B2を撃って援護射撃してくれと言うが、音声が正確に伝わらず、1番違いの対人用レーザーを撃ってしまう。ミリンダ、ちょっとだけ疑問に思ったがクウェンサーを信じすぎて撃っちゃったなあ。

これ以上ここには居られないとクウェンサーとヘイヴィアは海に飛び込み、爆弾の起爆装置を押す。

ま、やっぱりダメだったね。
参考資料
今回のは「工夫」が無いからね。

|

« ランス・アンド・マスクス・第4話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン二十ニ合目、二十三合目・天神峠からオキノ耳へ »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62540790

Folgende Weblogs beziehen sich auf ヘヴィーオブジェクト・第4話:

« ランス・アンド・マスクス・第4話 | Start | 舞台探訪・ヤマノススメ セカンドシーズン二十ニ合目、二十三合目・天神峠からオキノ耳へ »