« JKめし!・第1話 | Start | 対魔導学園35試験小隊・第1話 »

緋弾のアリアAA・第1話

前作はもう4年も前の放送。TBSの木曜深夜枠だった。同時期はTBSのもう一枠が「電波女と青春男」、ノイタミナが「C」と「あの花」。どれも個性が強かった。おかげで覚えているのは「武偵」と言う仕組みがあったなあとか、アリアはくぎゅうだったなあとか、敵に胸のでかいセーラーにひらひらのある子が出たなあとか、そんな程度。

それはともかく、アリアと言うキャラはまあ覚えている。今回はすっかりステータスを持ってしまっているみたいで、新登場のもうひとりの主人公の間宮あかりを筆頭にあこがれの存在になっていた。で、あかりと言う名前を聞いてAAの意味が分かった。違うとは思ったけどどうしてもAAと見るとアスキーアートにしか思えなくて。

ちこくちこくーと何とかバスに乗ったら友達の佐々木志乃と火野ライカが乗っている。このバスが急停車して(その割には慣性の力での前のめり感が無かったな)緊急車両に道を空けるとアナウンス。この緊急車両とは何かの犯人を追ってるもので、その全面に我らがアリアが立っていたのだ。

その一部始終を停車したバスの中からあかり達が見ます(実況中継でもされていたのか)。

これでますます憧れのアリア先輩となったあかりはアリアの戦姉妹になりたいと言う気持ちを強くするのだが、肝心のあかりの実力が酷い。今日のランク試験でも高千穂麗にボコボコにされて(て言うか、逃げてるじゃん)負けてしまった。

志乃やライカはもう追い詰めたんだから最後は撃たなくたっていいのにとか言っていたが、前クールで見たサバゲーではヒットが宣言される迄は終わらないって言っていたぞ。

涙の混じった塩辛いお弁当をかきこむあかり。
参考資料
それでもアリアに戦姉妹申請をした。

これを見たアリアだが、Eランクだろうと誰にでも機会はあると言ってあかりにテストをさせる事にした。時間内に銃を取り返したら合格。

と言う事で始まったおいかけっこ。電車(この場合はモノレール)への駆け込み乗車は危険です。それどころか、動き出した車輌に掴まるとか言語道断w
参考資料

全然追いつけないあかり。アリアの方はこれ位やったら普通なら諦めるのにと思っていた。そこにいきなり事件が発生。先日の連中の仲間が出たそうで、アリアはそちらに向かわねばならないが、テストは継続すると。その捕り物の途中で油断したアリアが車にぶつけられそうになったのをあかりが助ける。あれであかりが無傷ってのは一体どういう仕組みだ。
参考資料

そしてレインボーブリッジではあかりは一旦はアリアから銃を奪う。すぐに奪い返されてしまって海に落っこちるのだが。それでも無事なあかりはどんな身体をしているのか。

結局はアリアから銃を取り戻せなかったあかりはテストに合格出来なかったけど、テストして下さってありがとうございましたとお礼を言う。だがアリアはテストは合格だという。一度は銃を取り戻したので引き分け。だから正式な戦姉妹じゃなくて見習いで合格だと言う。そう言う状態の声優さんが前クールにありましたな。

ところが合格なのに何故か志乃が喜んでいない。あれ?志乃ってまさか例の胸がでかくてふりふりのセーラーの子の仲間とか?

予告を見ると早くも志乃が何だか動き出しそう。

|

« JKめし!・第1話 | Start | 対魔導学園35試験小隊・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62429433

Folgende Weblogs beziehen sich auf 緋弾のアリアAA・第1話:

« JKめし!・第1話 | Start | 対魔導学園35試験小隊・第1話 »