« モンスター娘のいる日常・第12話・最終回 | Start | がっこうぐらし!・第12話・最終回 »

オーバーロード・第12話

シャルティアを倒しに一人で向かうアインズ。途中まではアウラとマーレを従え、その二人にはワールドアイテムを渡している。この二人の扱いはなんだったのか。しかもワールドアイテムを渡しておいて、これは重要な物だから命に替えても守れとか。ひょっとして対シャルティア戦の最後で使うのだろうか。
参考資料
でも敵の数が同数以上ならナザリックに絶対撤退しろとも言ってたな。

一方、ナザリックでは呼び出されたデミウルゴスがアルベドに対して何故アインズ様をひとりで行かせたと憤慨している。NPCにとっては忠誠を誓う至高の御方の存在こそが重要でその為には自分たちが消滅しても構わないと言う姿勢だ。

だがアルベドは必ず帰って来ると言う言葉を信じてアインズを送り出したし、コキュートスもアルベドと同じ考えらしい。自分だけでもと言うデミウルゴスを制する。
参考資料

シャルティアの所へ辿り着いたアインズだが、このままだとシャルティアが反応しないらしいと判断して先制攻撃をしかける事にする。その前に大量の魔法を用意するアインズ。

一体に巨大なクレーターを作る程の攻撃で漸くシャルティアが目覚めて「攻撃相手への反撃」を開始した。一応相手はアインズだと明確に理解しての攻撃だが、戦いの途中でそれを命じているのは誰だ?とアインズに聞かれてもシャルティアにはそれが分からず、単に攻撃された相手を排除すると言う原則で動き始めた様だ。

それ以外はシャルティア自身の明確な意志で行動する。だから自分の有利な点を活かしてどうやってアインズを倒すのかを考えて攻撃をしかける。アインズはマジックキャスターだから膨大なMPを使って次々と攻撃してくるがこれを凌いでアインズのMPを消耗させ、一方でアインズに効く神性魔法でダメージを与えて行く。

シャルティアの目論見どおりに戦いは推移し、アインズのMPは段々減って行く。最初にコキュートスが見立てた様にアインズの勝ち目は3割。そしてとうとうアインズがMPを使い切ったところでシャルティアが優位なHPを利用した肉弾戦へと戦いは移る。
参考資料

はて、アインズ様、これをどうやって乗り切るのか。途中まで連れて来たアウラとマーレ、そしてそこにあるワールドアイテムが意味を持つのか。

ところでシャルティアの声がいつにもまして凸守の声に聞こた、今回はw

|

« モンスター娘のいる日常・第12話・最終回 | Start | がっこうぐらし!・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62345908

Folgende Weblogs beziehen sich auf オーバーロード・第12話:

« モンスター娘のいる日常・第12話・最終回 | Start | がっこうぐらし!・第12話・最終回 »