« 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第5巻三十五合目・赤城山地蔵岳 | Start | のんのんびより りぴーと・第12話・最終回 »

干物妹!うまるちゃん・第11話

お昼はピザが良いと言ううまるに、またか、たまには野菜を食べろと難色を示したタイヘイ。そこに来客があった。海老名が秋田の田舎からお米を送って来たと言うので、おすそ分けに持って来たのだ。普通に市販品のあきたこまちの袋に入れて。そしてそのタイミングでグーとお腹がなる。海老名ちゃん、お腹空いてたんだね。

そうだ!と言う事でタイヘイはお昼を作るから食べて行きなよと。ピザが消えたうまるはがっかり感がにじみ出る。

タイヘイが鍋を取り出してこれでやるかと言うので、まさか昼から鍋?と思ったら、ご飯を炊くのに使ったんだ。うえー野菜が多いと思ったうまるではあったが、ご飯を食べてみたらあきたこまちがうまい。海老名もうめーなーと思わず秋田弁が出る。
参考資料
すっかり食べ終わった後なのに、またもやグーと。

海老名ちゃん、あれだけ食べて未だ足りないのか!結局ハーフのピザを注文して食べるうまると海老名であった。うーん、これってタイヘイが報われんな。


梅雨です。うまるのポテチが湿気ってへたる程の梅雨。うまるは袋を開けたらバリバリ食べるんだから、それが湿気るとか、どんだけ。そして部屋には梅雨でもっと鬱陶しくなった切絵が居る。

これはいかんと言う事で、タイヘイは梅雨には梅雨の風情がある、雨音を聞いてみろとか言うが、そんな風情は風情のある家に居ないとねえ。そこで先の楽しみで二人を釣ろうとタイヘイは考える。梅雨が終わったら夏だぞ!と言う言葉に二人はあっさりと釣られた。夏と言えばアイスが美味しい季節!これですっかり気が晴れるうまると切絵。

まあ夏は確かに良いよね。


タイヘイ達の会社ダイヤモンドシステムは事業提案を全社大会で決めるのだそうだ。
うわー、糞無駄

その頃うまるは菓子売り場で悩んでいた。今日買うお菓子を何にすべきか。脳内で全うまるゼーレ会議が開催される。そこに集ったうまるが同じキャラでなくて全部別々なので、これって城下町のダンデライオンの櫻田家四女みたいじゃないか。

すったもんだの末、フードを被っていないうまるの意見でお菓子が決まった。
参考資料

全社プレゼンで疲れきって帰って来たタイヘイにうまるがお疲れ様とお菓子を差し出す。全社プレゼンで提案が通ったタイヘイ、疲れを吹き飛ばすお菓子に喜ぶが、うまるはボツになった時のお菓子を考えていたので複雑。

ともかく今回のお菓子は兄の為だったんだな。ボツ前提じゃ、そりゃケーキは無いわーだなw


全社プレゼンが通って気分の良いタイヘイは海老名も誘ってうまると外食に。目的はパフェ。先日お昼にあれだけごちそうになったので、今回はと思う海老名だったが、またぞろグーとお腹がなるので、慌ててうまると同じ物を注文。出て来たパフェを見て、こんな巨大な物をと思うタイヘイだが、二人共これをぺろりと食べてしまう。

うまる、嬉しすぎて途中で干物妹になりかけてたな。
参考資料


夏が来ました。うまるにはアイスの季節。海老名とベンチで食べるアイス。シルフィとクレーンゲームで取ったアイスも食べる。あんなゲームあるの?

そして家でも切絵とアイスの食べ放題。このパートの先頭で海老名と一緒した時に妙な四角い箱を持ってるなと思ったら、クーラーボックスだったのかよ!

そしてタイヘイにはかき氷を作って貰ってこれも食べる。

てっきり冷たい物を食べ過ぎてお腹を壊すオチかと思ったら、こっそりクーラーボックスを買っていたのを兄に怒られるオチだった。と言うわけで、うまるのお腹の強さは異常。

|

« 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第5巻三十五合目・赤城山地蔵岳 | Start | のんのんびより りぴーと・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62326660

Folgende Weblogs beziehen sich auf 干物妹!うまるちゃん・第11話:

« 舞台探訪・ヤマノススメ原作コミック第5巻三十五合目・赤城山地蔵岳 | Start | のんのんびより りぴーと・第12話・最終回 »