« 平成27年秋のアニメ新番組 | Start | のんのんびより りぴーと・第11話の「(蛍が)甘えんぼうになった」を見て »

モンスター娘のいる日常・第11話

公人、今度の誘き出し作戦はMON娘達と。来る日も来る日も公人と来留主家ホームステイ娘達のいちゃいちゃデート場面を見張っていてやってられんよと言う事で、休日を返上して自分たちが囮になってさっさと犯人を捕まえて終わらせてしまおうと言うものだった。ドッペルは居ないけど。

先ずはティオニシア(ティオ)。やってる事は普通のデートみたいな感じだが、何しろ力が強いのであれこれと引きずり回されて公人がボロボロになる。どんなサイズでもあると言うお店で服の試着をしたものの、それでもやっぱりティオの身体が大きくて試着した服が脱げなくなってしまった。

と言う訳でお約束の公人が脱がせてあげるんだけど、脱がそうとしたら脱げすぎてしまってしかも公人の視界に入る様な姿勢で転んでしまうと言う状態に。泣いちゃうティオだが、見られたのよりも気に入った服だったのにこれじゃ着られないと言う嘆きの方だった。でもちょっとの事ならサイズの変更が出来るよと言う公人。そんな小さい裁縫道具セットの範囲内で出来る事なのか。
参考資料

次のお相手はゾンビーナ。先ずは二人でゾンビ映画を堪能。しかし、ゾンビ映画って大抵ゾンビが悪者で最後には退治されちゃうんじゃないのか。それで良いのかゾンビーナ。ともかく気分良く街を歩いていたらゾンビーナが手を落としちゃう。これを例の裁縫が出来る公人が繋げてやる。

この公人をからかってやろうとゾンビーナは次は胸ポロリ。マジでポロリw
と言う事で胸を公人に縫いつけさせるゾンビーナだが、からかってるつもりが触られて感じちゃったりする。ただの死体だったらひいてしまうけど、ちゃんと女の子してるゾンビーナは別だと言う公人に「止まった心臓がときめくかと思ったぜ」って、凄いな。

三番目がマナコ。キャラ的には一番まともそうだが、何しろモノアイを気にしてるから帽子を深く被るし、しかもあのモノアイは単眼のせいで近くの物に対しての距離感があまりないのだそうだ。
※スナイパーとしてスコープを覗く時はどのみち単眼で見るので、そっちは問題ない、と言う設定なんだろう。

そう言う時は公人が手を繋いで歩けばと思ったが、マナコは人気のない所へ行きたいと言う。言葉はアレだけどつまるところ他人の目が気になるからそれが無い場所と言う事なのだが、でも結果的には同じなんじゃないのかw

お茶で良かったか?と自販機で買ったお茶を渡すのだが、一般人はこれでいいのかね。偏食だと先に何が良いのか聞かないで買うと言う行為が考えられないんだけど。そして大抵の場合、自分で見て買わないといけないので、おまかせで買って貰うと言うのは結局ありえないのだがw

だがここで二人を見張っている気配を感じ取る。こいつが脅迫状を出した犯人か!とマナコはもとより隠れていたゾンビーナやティオがよってたかって捕り物を。

ティオ、それ平和島静雄や!w
参考資料

と思ったら、見張っていたのはドッペルだった。ドッペルが墨須と仕込んだモノだったのだが、でも二通目の脅迫状(あの中二病っぽいの)は知らないと言う。いや、二通あったってのは知らないぞ。


ともかくドッペルも知らない脅迫状が届いたと言う事は、公人に危機が迫っていると言う事で、Aパートの最後の場面はどう見ても公人の首が切られている様な絵だったが、あの鎌、あそこだけ刃が無いのか。

首無しデュラハンを拾ってしまった公人。ミーアが酷く怯える。ミーアってこう言うのは苦手なんだな。しかしさっきは平和島静雄が居たと思ったら、今度はセルティさんか。

胴体側は拾って来たものの、頭の方はどこかに置き去りにされている筈だ、女の子の頭を放置なんて出来ないよと公人は探しに出かける。公人の思いにうたれたセントレア達も一緒に探す事にした。ラクネラとスーはお留守番。

何故か公園を主力的に探すのだが、恐がりのミーアがまっさきに色々見つけるからまるでセンサーみたいだ。しかしそのセンサーが見事に首を見つける。公人が近寄って回収しようとすると、容易く触るなとか。しかしあの脅迫状みたいな中二病台詞を言うから公人に理解されず、最後には折れて普通の言葉でお願いする。

回収はしたものの、その頃に本体側をラクネラが弄って遊んでいた。何考えてるんだ、ラクネラ。ただ、ラクネラは一緒に居たスーに阻止されたが、今度はスーが。もうね、早く帰った方が良いよ。

帰ってやっと落ち着いたデュラハン。落ち着いたのでお茶もお菓子も食べます。直接首の部分から。そう言えばセルティはどうしてるんだろう。

落ち着いた所でデュラハンが来た理由を話す。死を司るデュラハンが来たのはとりもなおさずここに死に瀕している者が居るから。そしてそれは誰かと言う場面で公人が指される。
参考資料

次回最終回「モンスター娘たちのいる(でも公人のいない)日常」(違

|

« 平成27年秋のアニメ新番組 | Start | のんのんびより りぴーと・第11話の「(蛍が)甘えんぼうになった」を見て »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/62293876

Folgende Weblogs beziehen sich auf モンスター娘のいる日常・第11話:

« 平成27年秋のアニメ新番組 | Start | のんのんびより りぴーと・第11話の「(蛍が)甘えんぼうになった」を見て »