« 乱歩奇譚 Game of Laplace・第5話 | Start | Charlotte・第5話 »

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・第5話

ピニャは幼い頃、先代皇帝(と思う、その時の会話が自分が皇帝の姪だと言っていたから)の時代に自前の騎士団を創った。その時に教官役に就いたのがグレイ。以後ずっとピニャの補佐をしていた。

今回、交通の要衝イタリカ、その領地のフォルマル伯爵が襲撃されていると聞いて自衛隊偵察任務の途中に急行してみれば襲っていたのは敵軍ではなくて自衛隊と戦って散り散りになった諸王国軍の兵士が賊となって襲っていたのだ。

相手は元兵士、一方守るべき自軍は僅かな手兵とイタリカの民兵。初陣がこの様な事態となったところへ伊丹の部隊が到着したので少なくとも敵ではない相手として引き入れた。何しろ伊丹の部隊には魔導師とエルフの他にロゥリィまで居るからね。

伊丹は司令部にまたも頭の痛い「イタリカを援護する」と言う話をする。何故イタリカを守るのかと聞くロゥリィに「民を守りたいから」と「相手に自分たちと戦うのは適切ではないと思わせる為」だと答えるが、ロゥリィが勘違いして恐怖を叩きつけるのだなと言うのが笑える。

こうして始まった盗賊の夜襲。しかし敵は捨て駒にした筈の伊丹の部隊の門ではなく、別の門から侵攻して来た。圧倒的な戦力差があると信じてのもの。その通りにピニャの率いる軍は崩壊寸前。本当ならもうピニャには打つ手が無いのだが・・・

司令部に注文した援軍が駆けつけるんだろうなあ。
来週もメチャ楽しみ。

|

« 乱歩奇譚 Game of Laplace・第5話 | Start | Charlotte・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61997664

Folgende Weblogs beziehen sich auf GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・第5話:

» ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第5話 『イタリカ攻防戦』 ピニャの苦悩...ロウリィ有名人だな! [こいさんの放送中アニメの感想]
むせる。レレイが「装甲騎兵ボトムズ」を知ってるはずもありません。単に双眼鏡の使い方を間違えただけです。 ああ勘違い。イタリカが攻められている異世界の軍隊か!と思って来てみれば盗賊だった。違うのね、じゃあさよなら。とも言えずに加わってしまったと。 ここに商売にやってきた伊丹達。しかし絶賛防戦中。帝国の姫と自衛隊。本来なら敵同士なんですが成り行きで協力という流れです。 姫だって辛いよ。彼女は妾腹の子だそうで、将来の後継者レースには絡まなそう。つまり皇女とはいえみそっかす扱い。騎... [Mehr erfahren]

verlinkt am 02. August 15 um 14:45

« 乱歩奇譚 Game of Laplace・第5話 | Start | Charlotte・第5話 »