« 干物妹!うまるちゃん・第1話 | Start | モンスター娘のいる日常・第2話 »

のんのんびより りぴーと・第2話

れんちょんが一年生として入学し、ほたるんが旭丘分校に転校して来たところからりぴーととして始まったのんのんびより。

思えば蛍が小学六年と紹介した時に「東京の人間はみんなこんなに大きいのか」と言う反応があっても良かったんじゃないのだろうか。
れんげ「東京の人間はみんな巨人なのん」

蛍にとってみれば旭丘分校での出来事は何もかも新鮮な事だらけ。休み時間に定規落としをやろうと誘われる。定規落とし?それ知らないと言う蛍にペンで定規をはじいて相手の定規を落とせば良いと教えられる。
参考資料

へー、そんな遊びが存在するんだ。流石田舎だな・・・と思ったのだが、のんのんびよりTLを見たら知ってる人間が多数居た。ごめんw 私が小学校に入学した時代ってほぼ全員が竹の物差しだったからなあ。たまーに「セルロイド」の定規を持ってる子が居た。

この定規落としが予想以上に奥が深い。私も蛍と同じ様に初めて見たから色々驚きがある。燕返しとか白刃取りとかwしかも多人数でやると戦略も重要になって来るんだな。強い人間が最初に共同の標的にされるのはどのゲームの世界でも同じ。

それにしても夏海、この為に定規の両面に蝋を塗っておいたとか、それじゃ授業の時に困るだろ。

他にもゴルフゲームと言うのがあって、コースを描いたノートもある。夏海が蛍に貸してくれた。実はこのノートが蛍の命を救う事になろうとはw


蛍がペチの散歩に。ついでに夏海にゴルフコースノートを返そうとバッグに詰めた。この時点でもう越谷家の場所を知ってるんだね。こっちの道に行った事がないから行ってみようと脇道に逸れるが、田舎でそれをやるととても危険。案の定道が分からなくなってしまった。

なんとか舗装道路には出たものの「ジャスコ40km先」w
参考資料
えー、根釧台地の「ジャスコ110km先」よりずっと都会じゃんw
※「ジャスコ110km先」の看板は結構知られているけど、これに付帯する情報はあまり知られていないかもしれない。私も今回再度調べる迄知らない事があった。まず、この看板は一昨年の時点でもう撤去されていた事。これはやや知られている。もう一点。隣になかしべつ石材の看板がある事からてっきり国道272号線釧標国道沿いかと思われたが、どうも国道44号線の根室方面に設置されていた物らしいとの事。距離的に272号では90kmしかないのに対して44号だと110kmありそうだから。

するとペチがバッグの中にある夏海のノートを嗅いで、その後林の中に猛ダッシュ。追いかけた蛍が見た物はペチが越谷兄にアタックしてる場面だった。おかげで蛍は帰り道が分かる。


みんなで星を見に行こうと言う約束になったが、夏海もれんげも来られなくなって蛍と小鞠の二人だけで行く事に。うーん、小鞠だと道に迷いそうな予感。途中で自販機があったのでジュース買って行こうと言う事になる。でも夜の買い食いは怒られるから内緒ねって、かわいいじゃないか。但し田舎の自販機は誘蛾灯。

途中で小鞠がペットボトルのキャップを落としてしまう。ゴミになっちゃうと探そうとする小鞠はしつけがされている。しかし見つからない。と言う事はこれは道に迷った時に後から道しるべになるんだなと思った。

無事に目的地の原っぱに辿り着いて星を見る。でも二人とも星座とか分からないので適当に星座を当てはめてみたり。ところで女の子が原っぱで星を見る時はベートーヴェンの交響曲第9番を歌うと相場が決まっているのだが(ガンスリンガー・ガール)。

しかし帰ろうとしたら懐中電灯の電池が切れてしまった。ここに来るまでに既にびくびくだった小鞠が怖がるのは当然だが、蛍だって大きくても小学六年生なのだ。暗くて怖がっている。それを見て自分の恐怖心を押し殺して帰ろうと蛍の手を引く。でもやっぱり途中で道が分からなくなった。分かれ道でどっちだろうかと。この時に転んだ拍子に例のペットボトルのキャップが見つかって、こっちの方向だと正しい道が分かる。

例のむしむしパラダイスの自販機に辿り着いてほっとした小鞠は腰が抜けてしまった。腰が抜けた小鞠を蛍がおんぶして戻る帰り道。そうか、このエピソードであれだけの蛍の小鞠萌えが出来上がった訳か。
参考資料

|

« 干物妹!うまるちゃん・第1話 | Start | モンスター娘のいる日常・第2話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61887756

Folgende Weblogs beziehen sich auf のんのんびより りぴーと・第2話:

» のんのんびより りぴーと 第2話 『星を見に行った』 定規落とし知らんかった。 [こいさんの放送中アニメの感想]
冒頭の蛍転入場面は第一期1話とほぼ一緒。ここから中当て=同じ話になったら困るなと思ったら全然別の展開。パラレルワールドじゃなくて「やらなかったけどこういう事もしていた」という事かな。 ローカルな遊びかな?と思って調べたら、・定規戦争・消しピンWikipediaに載ってる!!自分の周りじゃやってなかったけど割と有名だったのか。或いは自分の世代じゃやらなかっただけか。 定規使った遊びといえば今はなきハドソンの「シュウォッチ」。連射速度上げるのに使ったことはありますが。ボールペン使っている様... [Mehr erfahren]

verlinkt am 15. Juli 15 um 10:13

« 干物妹!うまるちゃん・第1話 | Start | モンスター娘のいる日常・第2話 »