« 洲崎西 THE ANIMATION・第1話 | Start | オーバーロード・第1話 »

六花の勇者・第1話


また異世界ファンタジーかよ、バトルかよ、異世界ファンタジーって画面まで含めた設定がしっかりしていないとしょぼくて見ていられないんだけど、と思って見始めたが少なくとも画面上の設定はちゃんとしていた。

ピエナ王国の一番の戦士を決める舞台に「おれが地上最強の男だ」と乱入して来たアドレット・マイア。狼藉者を捕らえようとした兵士達を羽根の様な武器で薙ぎ倒し、決勝戦の二人相手にも様々な武器を用いて翻弄して倒すものの、そんな戦い方をする男を観客も含めて「最強の男」とは認めず激しいブーイングの中で多勢に無勢で取り押さえられた。

地下牢に入れられたアドレットの所に一人の侍女が来て根掘り葉掘り色々聞いていく。しかしどう考えても一侍女が対戦場での狼藉で捕らえられた男の所に来るなんて考えられず、あの対戦での勝者が前年優勝のピエナ王国第一王女ナッシェタニア・ルーイ・ピエナ・アウグストラと戦う事になっていたと言うのを考えたら、鈍くない男ならその侍女はナッシェタニア王女が侍女に化けてきたものだろうとは予想が付く。
参考資料

本格的な牢獄に放り込まれて何十日。泰然と暮らしていたアドレットだったが、そろそろ潮時かと言う時に世間では魔神の出現の兆候が現れた。同時にアドレットにもその魔神と戦う勇者の印となる六花の紋章が出現した。

そしてそこにナッシェタニア王女がやって来る。宰相は何故こんなところにと訝るが、ナッシェタニア王女は牢獄の格子を切り刻んでアドレットを外に出し、同じく六花の紋章を持った王女は二人で六花の勇者が集まる地へ向かった。

まあまあの初回なのだが、Wikipediaで見ちゃったネタバレだともう一工夫がストーリーに加わるらしい。それによってどうなるかはちょっと楽しみになるかもしれない。

|

« 洲崎西 THE ANIMATION・第1話 | Start | オーバーロード・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61863839

Folgende Weblogs beziehen sich auf 六花の勇者・第1話:

« 洲崎西 THE ANIMATION・第1話 | Start | オーバーロード・第1話 »