« 干物妹!うまるちゃん・第2話 | Start | モンスター娘のいる日常・第3話 »

のんのんびより りぴーと・第3話

のっけから一穂のいいかげんさ炸裂。れんげは野菜を洗って「具(タヌキ)」の餌にしたのだが、じゃあ自分たちの朝食はと言う事で一穂を起こしたらパンが無い。そこで一穂の料理となったが、具に与えた餌と同じ春野菜にサラダオイルと塩胡椒をかけただけの「料理」だった。
参考資料

ゴールデンウィーク前にテスト。テストって傍観者だから楽しいと言う一穂。でもテスト作るのは手間なんじゃないのか(しかも全員学年違うから)と思ったが、やっぱり大変ではあったみたいだ。

国語のテストが終わって夏海が暗い顔をしている。この時の作者の気持ちなんて分かるか!と言う定番の文句だが、高校までの国語のテストって実は方程式解くみたいなものなんだよ。こう言う文章でこう言う問題が出たら問題の意図を斟酌して(文章の方を斟酌するのではないw)、出題者の期待する答えをあてはめるのが正解。

一穂は採点の為に職員室に行っていて、自ずと結構長い休み時間になる。その間に次以降の英語と理科をなんとかしようと考える夏海。でないと国語、英語、理科と全部捨て教科で夏海終了になっちゃうから。

兄を頼ろうとしてせせら笑われて腹いせにメガネを奪った夏海は小鞠に頼む。でも小鞠が教科書の中からこの部分を訳してみてとか、出題しても原文を無視して自分の思う様に訳すし、理科に至っては全部違う。ところで細菌が増殖する場合は確かに大抵は細胞分裂だが、その背景に登場した細胞はどうみても核がある真核生物のそれだぞ。しかも中心体らしきものが見えるので動物細胞か。
参考資料

ともかく、正解じゃないのにノリにノってしまった夏海、その勢いのままテストに臨むが当然零点。名前書いてないから零点なんじゃないよ。

すこー

テストの結果が芳しくんなかったのでゴールデンウィークに沢山宿題が出た。一穂、またぞろ傍観者だから楽しいとか言ってるが、これを作るのも大変だったろうに。

沢山出た宿題を宮内家でやる事になった。ところが居間では一穂が寝てる。れんげに起こされてもテレビのリモコンどこ?探してと言う始末で、姉にして教師のこの姿に流石のれんげも呆れて説教タイム。小学一年生に説教される教師一穂。

やる気を出させてみようとゲームに例えてみたが、所詮ゲームをよく知らないので戦う相手がスライムしか思いつかず、残りは果物シリーズ。

ところでこの書棚、懐かしい。
参考資料
木製で、端の方で木の杭を挟む事で組み立てる木製組み立て式書棚なんだよね。昔うちにもあった。

別の場所で寝ろと言われたのに、アイマスクを外すのが面倒だと、れんげに連れて行ってくれと頼む一穂。これは酷い。呆れたれんげが一穂を懲らしめる挙に出る。手を引いて誘導するのだが、スリッパを履かせてくるくる回らせた後で外に誘導。いやあ、いくらなんでもスリッパだと足の感触で分かるだろうし、いくらアイマスクをしても外の明るさは分かるだろうに。

それなのに外に出ても分からない一穂。手探りでふらふらしている所へ勉強に来た小鞠や夏海達にその姿を見られる。ここまでちっともサブタイの「連休中にやる気を出した」になってないなーと思ったのだが、この一穂の姿を見てあの夏海ですらちゃんとしなくちゃとやる気を出した。

|

« 干物妹!うまるちゃん・第2話 | Start | モンスター娘のいる日常・第3話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61930894

Folgende Weblogs beziehen sich auf のんのんびより りぴーと・第3話:

» のんのんびより りぴーと 第3話 『連休中にやる気を出した』 7歳に窘められる24歳...。 [こいさんの放送中アニメの感想]
この時の作者の気持を述べなさい締め切りやべー。これは結構当たっている気がする。連休前のテストという事で生徒たちはブルー。大して教師は見てるだけ、楽ちんであると。特に夏海がやばそう。元々自習ばかりでちゃんとした授業が受けられない上にこの成績。国語苦手英語日本人だから苦手って、おい国語。夏海高校行けるんだろうか。あと兄貴にメガネ返せ。弱視からメガネ取り上げるとか鬼だぞ。 ウチそれじゃダメだと思う。成績不良者が多いので宿題が沢山出さ... [Mehr erfahren]

verlinkt am 22. Juli 15 um 17:22

« 干物妹!うまるちゃん・第2話 | Start | モンスター娘のいる日常・第3話 »