« 下ネタという概念が存在しない退屈な世界・第1話 | Start | GANGSTA.・第1話 »

ワカコ酒・第1話

私は酒は一切飲まないし、水産物はほぼ全部食べられない。だから村崎ワカコの嗜好は第1話からそうだが今後も全く思いが合わないと思う。大体鮭の皮が大人の味覚とか、それ以前にそこは鱗だよ鱗。私は鱗の様な不気味な生体器官を食べるのは不可能(あくまでも個人の感想です)。酒ってアルコールだよアルコール。私の専攻は生物学だったが、アルコールと言うのは生物を殺して固定する液体との認識(あくまでも個人の感想です)。

そんな私が!
そんな私なのに!

このワカコの雰囲気は許容出来るw
参考資料

と言うのも、友人には酒飲みが随分居て、彼らは日記に本当に幸せそうに酒と食べ物の記録を残すのだ。そこは理解出来ると言うか、そこで教育されてwワカコの雰囲気は納得出来る。

|

« 下ネタという概念が存在しない退屈な世界・第1話 | Start | GANGSTA.・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61847242

Folgende Weblogs beziehen sich auf ワカコ酒・第1話:

« 下ネタという概念が存在しない退屈な世界・第1話 | Start | GANGSTA.・第1話 »