« オーバーロード・第3話 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・第4話 »

乱歩奇譚 Game of Laplace・第4話

アケチの事務所に出入りする様になり、仮免も出たコバヤシ。そしてアケチとは無関係なのにコバヤシに釣られて一緒に出入りするホモホモしいハシバ。とは言っても男の子とは思えないこんな姿を曝されてしまってはハシバの迷いも仕方有るまい。
参考資料

そこにカガミから電話が入った。二十面相が出現したと言う電話が。最初の二十面相以来模倣犯が出現して警察側はさらなる模倣を防ぐべく報道管制をしているが、それでも今や予告動画や犯行声明動画は一旦公開されたら消しても消してもuploadされるいたちごっこ。

今回またも出現した二十面相は犯罪を犯したのに法律的な制裁を受けていない連中を次々と殺しては動画を上げている。あれよあれよと言う間に既に15人?しかもそれは二十面相によって殺された相手が生きている時に犯した犯罪への報復の姿となっていた。

ハシバは死体写真を気持ち悪がっていたが、コバヤシは興味深そうに見ている。そして今回はアケチも捜査に乗り気だった。今回の捜査の為にアケチは嫌々ながら協力者に協力を求めようと新宿警察の地下にある特別拘置所通称新宿プリズン(まんまだな)に出向く。

そこに入っていたのは黒蜥蜴。
参考資料
おや、惜しげもなく二十面相を出したかと思ったら黒蜥蜴まで出しちゃうのか。この黒蜥蜴、房内の男達にはSのくせにアケチにはドMの顔を見せる。しかしただの変態ではなくて色々な事を知っている。ハシバの事はまあ財閥の息子で父親のお世話したとか言う話だから知ってるかもしれないが、こんな場所にいてコバヤシの事まで知っていた。

そしてこの黒蜥蜴が情報網だけでなく世間も動かせるみたいだ。

例の連続少女誘拐監禁殺人犯のワタヌキが嫌疑不十分で釈放されてしまった。法で裁かれない犯罪者を狙っている二十面相としては格好のターゲットだろう。案の定二十面相から予告動画がuploadされ、歓楽街を彷徨いていたワタヌキがリアルJSの甘言に乗って客引きについて行ったら身体を拘束され、以前ワタヌキが言う事を聞かない少女にした様にミンチにされそうになる。

だがこれはやはり罠。アケチがそこに出現して二十面相と格闘に突入する。以前、ワタヌキを捕まえる時に武闘派の面を見せたアケチだが、二十面相も強い。そしてワタヌキを捕まえる時に痛めた正拳を打たれて倒れ込むと二十面相がアケチに銃を合わせる。

だが、二十面相は撃てない。彼が私刑を執行する相手は法に裁かれない犯罪者であって、そうではないアケチを撃てないのだ。そんな二十面相の正体はカガミだった。
参考資料

カガミは何かありそうなヤツだとは思っていた。妹からの電話とか。しかしこんなに早く正体バラシが来るとは。これじゃこの先のアケチと警察との接点はあのナカムラになるの?

|

« オーバーロード・第3話 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・第4話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61949784

Folgende Weblogs beziehen sich auf 乱歩奇譚 Game of Laplace・第4話:

« オーバーロード・第3話 | Start | GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり・第4話 »