« 響け!ユーフォニアム・第12話 | Start | パンチライン・第12話・最終回 »

ミカグラ学園組曲・第12話・最終回

星鎖の能力が不安定な状態に巻き込まれたエルナ。そんな時にエルナみたいな子と星鎖みたいな子とシグレみたいな子がうたわれるものみたいな世界で仲良くやっているのを影の薄い状態で見つめる。しかしそこから落下。二人の戦いを終えてそれを助けに行くシグレと九頭竜。二人の協力でシグレのスーパーヒーロータイムがエルナを助ける。でもいつものエルナの能力見てるとあの程度は飛べるんじゃ。

回りの校舎は廃墟の状態。アスヒがこれはただごとではありませんねと、誰が見たってそんなの分かるだろうな感想を言うなと思ったのだが、他の生徒の方が全然動じて無くて、中間試戦すげーこんな演出までするんだと馴染んでる。

この事態を引き起こしている星鎖は引きこもったまま。そこに「絵の具ヤンキー」からの差し入れ。牛乳貰っても星鎖は飲まないんじゃと思ったが、そこには九頭竜らしいメッセージが書かれていた。「素直になれ」
参考資料

シグレにエルナが垣間見た風景の事を話したら、きっとそれはエルナと星鎖とシグレの先祖の姿なのだろうと言う。そもそもこのミカグラ学園は御神楽の力で広大な場所に学校を創造し一宮家の力で結界を貼ったものだからと言う。それにしてもその三家って一体いつからつるんでるんだ。

実はエルナをここに呼び寄せたのは帰宅部となって引きこもった星鎖を助けて欲しいからだった。でもそんな事を最初に言って星鎖にエルナが近づくのは本当の意味での友達じゃないだろうと。

よく分かったエルナはまたぞろ正面から星鎖の家に。相変わらず開けてくれない星鎖の屋敷だが、ふとカルシウムを補給しながらやって来た湊川が助けをしてくれる。星鎖の部屋のバルコニーまで植物の蔦で道を造って。だからエルナはジャンプしたらその程度飛べるんじゃ(ry

会っても頑なな星鎖に、だったら中間試戦で優勝したら自分の部に入ってくれと強引に約束を取り付ける。自分は星鎖の事を絶対裏切ったりしないと。星鎖だってそんな未来に一縷の期待があるのだろう。そこまでを全く否定する事はしない。

試戦の会場に戻る途中でエルナは垣間見たご先祖様に向かって必勝を祈願して対戦へ。対戦相手は因縁浅からぬ書道部のひみ。思えば学園に来て初めてのまともな対戦相手はひみだった。
参考資料

ま、結局はその最初の対戦同様にひみが負けてエルナが上昇するのを助けるんだけどね。花袋だって嘘泣きしたってダメですよと言ってるし。そう言う戦いをしてる間にも引きこもる星鎖に今度は鳴海から「お嬢様も少しはバカになられたらいかがですか」と背中を押す言葉が。

あっと言う間に決勝戦で対戦は九頭竜とエルナ。しかしここで演劇部を巻き込んだ茶番が始まったぞ。相変わらず九頭竜が恥ずかしそうに演技をして最後には演劇部のみんなに拉致されてしまった。しかしこんな優勝の仕方じゃ星鎖が納得する訳が無いと思ったら、これは困ったー(棒)と叫ぶシグレの言葉に応える様に星鎖がやって来た。ああ、やっぱり最終決着は星鎖とエルナか。

なんだか久しぶりのバトル動画。最初は星鎖がキリングアートを使えないのに合わせてエルナも自分の能力を封じて戦うが、エルナの裏切らない本気の戦いに星鎖が応えてキリングアートの能力が復活。ここからは二人の能力対決に。

戦いは二人の相討ちに。多分視聴者全員の予想通りの結果になり、エルナは勝てなかったけど星鎖は負けはしなかったとエルナの部に入る事になった。だって何より星鎖があんな引きこもりになるきっかけの昔の先輩とエルナは全く違うのだから。
参考資料

後で考える部の新しい名称は「放課後楽園部」。活動は何をするのと問う星鎖に、てっきりエルナは「後で考える」って答えるんじゃないかと思ったんだがなあw

そのままEDに被る後日談。九頭竜からのプレゼントでバンドやってみるんだが、ドラムの男の子は誰だ?と思ったらああ、ビミィの人間型か。そしてクレジットのスペシャルサンクスって、ここまでに関わった全員の名前がクレジットされたのかな。


うん、まあ、ボカロアニメっぽかったかな。
水曜深夜に放送したのは良かった。週末の大混雑時間に放送されたらまともに見なかったかもしれない。
でも何も考えずに見られるアニメは重要。

|

« 響け!ユーフォニアム・第12話 | Start | パンチライン・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61793722

Folgende Weblogs beziehen sich auf ミカグラ学園組曲・第12話・最終回:

« 響け!ユーフォニアム・第12話 | Start | パンチライン・第12話・最終回 »