« 響け!ユーフォニアム・第9話 | Start | パンチライン・第9話 »

ミカグラ学園組曲・第9話

いきなりアスヒがツチノコとか言い出して、なんでまた今更そんな話がと思ったら、これ以降めいかとか湊川とか九頭竜とかが次々と何か学園で起きた事件のインタビューを受けて、その背後にエルナやおとねが部活の部員募集のプラカードを持って写っている。九頭竜が「なんで俺がこんな事」と言うのから明らかにエルナにやらされていると予想される。その手に出たか、エルナ。
参考資料

さすがに取材した新聞部もこのプラカードは偶然写り込んでいるのかと疑う。

それにしてもこんな演技されるのなら九頭竜にやらせないで演劇部を使えよと思ったら、演劇部にはもっとハードな脚本をエルナは課していた。赤閒をぽよんぽよんのにゃみりんとお手頃の熊野さんが奪い合う場面が出て来るが、どうせ劇だろうと思ったのにあまりに長く続くから一瞬本当に?とか思ってしまった。でもこれもエルナの差し金。それにしてもみんな本当にエルナの言う事を聞いてやるな。聞いてやらないと話にならないんだけど。

ところで私は宇宙遊泳と手近の温泉なら手近の温泉の方が圧倒的に良いです。

流石に赤閒からエルナの部活は何をやる部なのか決めたのかと聞き返されるが、相変わらず何をやるのかは決まっていない。でも基本コンセプトは「一宮エルナが女の子にチヤホヤされる」なのでそこは揺らいでいないと言う。まったく臆面無い。

それに3名集まらないと部活として承認されない。演劇部から誰か貸してと言うが、みんな演劇部の部活に専念したいからと断る。でもうさ丸ならいいかなと赤閒は言うが、うさ丸が困るのは当然として、それじゃ女の子にチヤホヤのコンセプトから外れちゃうじゃないか。

気長に部員を集めようとするエルナだったが、実はそれは出来ない相談だった。中間試験ならぬ中間試戦(音だけ聞いた時は「死線」かと思ったよ)までに創部出来なかったら今年度はもう新しく部活は作れないのだそうだ。

それじゃ困ると、流石にエルナも慌てる。この話は鳴海から星鎖にも伝わっていた。夕食の場面で。前回の事もあって食が進まない星鎖だったが、それにしても自分の屋敷内なのに学校の制服で過ごすのはやめれ。

どうしてもあと一人が欲しいエルナはうっかり禁忌のシグレに話を持って行ってしまったが、あまりのシグレの変態っぷりにやはりやめてしまう。エルナですら引くシグレの変態。
参考資料

すると一年生の子が部活の事でおとねの所に行こうとしているのを目撃した。これは部員確保だと思って黙ってついて行ったエルナだったが、その子達と会ったおとねは入部テストと言って自分に勝ったら認めてやると言う。しかしルーキー戦で他を圧倒して勝ったおとねに勝てる筈が無いと、恐れをなして逃げる二人。二人を追い払ったおとねにエルナが話しかけると、今のを見てしまったんですねとばかりに逃げ出す。

部員を募集すると言っておきながら、ああやって追い返してしまったおとねは新しい部員が来るとエルナがとられる不安があったからだと明かす。エルナは脳天気で全く咎める風を見せずに喜んで、あまつさえ迫る勢いを見せる。

そんなじゃれ合いをしていると、偶然使っていない教室に入り込んで、穴の開いたカーテンから差し込む光の中、それを開けてみたらなかなか良い雰囲気。でもいくら雰囲気が良くても長い間使ってなかった椅子にいきなり座ると埃が制服についちゃうよ。

ここを部室にしたいねと言うエルナとおとねだったが、ここに新聞部の離宮ルミナがやって来る。ここは今の部室が手狭になった新聞部が使うからダメだと。と言う事で離宮と部室をかけて模擬戦をする事になる。

開始とともに離宮に突っ込んで行ったエルナだったが、離宮は余裕であなたは私に触る事すら出来ないと能力を発動させた。それは取材メモに基づいてエルナの恥ずかしい過去を暴く精神攻撃。なんだエルナって小さい頃はシグレと昵懇だったんじゃないか。それが今や黒歴史か。離宮は何でも知っていると言うが、シグレにインタビューするだけでホイホイ答えてくれそうな内容。

精神的に瀕死のエルナはその精神が勝手に早く試合を終わらせようとして自分のクリスタルを砕いてしまう状況に陥る。あと一個、そんな時に離宮の声が聞こえなくなった。もう起きていられなくなったのかと思ったら、おとねのリボンが耳栓になったのだ。精神攻撃が効かなくなったら離宮は雑魚で、あっと言う間にテンションマックスで全部のクリスタルを砕かれる。しかしこんな精神攻撃じゃ、Fateの慢心王みたいな相手だと全然効かないだろうなあ。

しかし離宮の負け惜しみが出る。エルナが勝っても3人居ない部活には部室を確保する権利が無くてどのみち自分たちの部室になると。そこに誰かがやって来る。エルナの部活に入りたいと言う、離宮も知らない男の子が。でも声からビミィだと分かるよね。

ビミィは一時的に人間の姿になれる能力を持っていて、それを利用した。それこそ最後の手段。こうして離宮を追い払ったばかりか、ちゃっかり部活の承認まで取ってしまった。しかも部活名は後で考える部って、そんな申請よく通ったな。
参考資料

|

« 響け!ユーフォニアム・第9話 | Start | パンチライン・第9話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61695227

Folgende Weblogs beziehen sich auf ミカグラ学園組曲・第9話:

« 響け!ユーフォニアム・第9話 | Start | パンチライン・第9話 »