« ハロー!!きんいろモザイク・第12話・最終回 | Start | ミカグラ学園組曲・第12話・最終回 »

響け!ユーフォニアム・第12話

麗奈と中世古のソロパート争奪戦も決着して愈々府大会に向けてのラストスパート。作品が始まった時はあんなにダラっとしていた吹奏楽部だったのに今や府大会までどれだけ練習しても時間が足りないとみんなが思う様になっていた。どれだけ練習しても。

しかしそんなタイミングで事件が発生する。滝先生が途中のコントラバスだけの部分にユーフォニアムを入れて低音の厚みを増そうとしたのだ。が、これがあすかなら出来ても久美子には難しかった。ところで本当に楽器やってる人に聞きたいものだけど、あのパートはやっぱり金管にはキツイところがあるのかな。弦では出来てもこれを管で?ってのはあると思うけど。もうひとつ知りたいのは久美子の技量は高校生的にはどの辺りなんだろう。一応小さい頃からやって来たのもあるから中川を差し置いてオーディションでは選ばれた。でもかと言ってソロも奪える程の麗奈じゃないだろうし、初見でいきなり吹いてみせる(それから普段の雰囲気からも)あすかみたいなレベルじゃない程度なんだろうなとは思う。

新に加わった部分を吹ける様になるべく久美子は外に出て個人練習を開始。麗奈がやって来てよくはなってるがそれは未だコンクール的にはダメだと指摘する。その麗奈に久美子は麗奈みたいに特別になりたいんだと。少なくとも今の段階では二人の間には大きなレベルの差があると思うんだけどね。
参考資料

暑い最中に外で必死に練習したものだから久美子からしたたる血。指でもやったのかと思ったら熱中症か。

その日の帰りに偶然葵と会う。葵、あれで退場かと思ったら再登場があるとは。しかしここで久美子が葵に吹奏楽をやめたのに悔いは無いかと、これはキツイ質問をする。久美子も高校生だし自分の定まっていない部分を思わず聞いちゃうと言うところかな。でも葵だって未だ結論が出ていないので聞かれると痛いと思う。それでも葵は後悔はしていない、あのごたごたが無くても多分自分はやめていただろうと。そりゃ、こう答えるしかないよ。

帰り道での秀一と同様の練習の為にユーフォニアムを家に持って帰る久美子だが、姉麻美子はまた家に楽器を持って帰ると詰る。麻美子も以前は吹奏楽をやっていたが、受験の為にやめたらしい。葵と重なる部分があるけど麻美子はやめた事を若干後悔してるのかな。でも暗い表情を見せたり久美子に怒ったりしないのはいいね。

アンサンブルの練習、滝先生からまた色々各パート・各部員に指摘が飛ぶ。相変わらず秀一がイマイチ出来てない。そして久美子も。滝先生からはそこは難しいかと聞かれる、出来る様になるかと。出来ない場合はそれは久美子だけの問題ではなくて全体に影響する。これが個人技との大きな違いだな。久美子ははっきりと応えた。出来ますと。
参考資料

こうして再び久美子の個人練習が続く。麗奈の方はトランペットパートでの和解が出来た様だし、久美子につきあう余裕があるのかな。それにしても麗奈が中世古と吉川に生意気言ってすみませんでしたと言う場面でそれに気が付いた中川がささっと駆けていったのは何だと思ったら、吉川の背後に回ったのかw

そしてまたアンサンブルの練習。そしてまた滝先生の指摘。今回は秀一がクリア。
だがその瞬間はいきなり来る。
「ユーフォ、ここは田中さん一人でやって下さい」

外された久美子。こんな時、葉月と緑は当然黙っていなくて帰り道にこう言う時は喰え喰えと久美子に勧める。そして今日はユーフォニアムを持たない帰り道。でもその前の場面で久美子はスマホをユーフォニアムの近くに落としてたね。これ何に繋がるのかと思った。

ひとりになって悔しさが募る久美子。ああそうか、中学の時に麗奈が悔しさで泣いていたのはこう言う感情だったのかと。自分はユーフォニアムが好きだ。それは姉に口答えした時に図らずしも口を突いて出た時とは違う。あれは自覚する契機だったのかもしれない。うまくなりたいと叫ぶ久美子に秀一が俺だってって道路の対面から叫ぶんだけど、そりゃ他の通行人には迷惑だw いや、青春の一面を見たと喜んでくれるかな。

一旦家に戻ったものの、スマホを落としたと思った久美子は学校に戻る。滝先生が未だ学校に残っていて楽器室まで連れて行ってくれた。久美子は滝先生にその父親の事を聞いてみるのだが、滝先生が「よく知ってますね」と驚くのはどうなんだ。だって麗奈と滝先生が以前からの知り合いだった事件があったじゃないか。

その帰り道だった。滝先生は今回の部分、地区大会までには吹ける様になっていて下さいと。久美子のあの「出来ます」と答えた時の顔を忘れていないと。
参考資料

滝先生に認められていた!今回は時間が足りなくて出来なかったが、滝先生は府大会で勝って地区大会では久美子が吹ける様になると信じてくれている。こんな嬉しい事を黙っていられる筈がない。スマホを見てみたら忘れたままの状態の時に麗奈から何回も着信していた履歴があって、麗奈にこの事を話さないでは居られなかった。駅前に呼び出して麗奈に言う。

「さっき滝先生と二人っきりでいたとき」
おい!w

|

« ハロー!!きんいろモザイク・第12話・最終回 | Start | ミカグラ学園組曲・第12話・最終回 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61789183

Folgende Weblogs beziehen sich auf 響け!ユーフォニアム・第12話:

« ハロー!!きんいろモザイク・第12話・最終回 | Start | ミカグラ学園組曲・第12話・最終回 »