« パンチライン・第10話 | Start | プラスティック・メモリーズ・第11話 »

暗殺教室・第21話

ガストロがコンサートホールで渚達の気配を察知する。匂いから生徒が15人いるだろうと言う所まで。椅子に隠れている筈なおにそこまで分かるのかと驚く渚達だが、得意気に喋るガストロに対して速水が発泡した。だが銃を狙った弾は外れる。ガストロは若干驚いたが、こいつは面白くなったなと余裕の表情。

ここで殺せんせーから作戦命令が下った。速水さんはそのまま待機、千葉くんは位置を知られていないのでそのまま、などと次々と出される命令でガストロは撹乱される。一体どこから命令してるんだと思ったら、堂々とかぶりつきにいる殺せんせー。
参考資料

ガストロは殺せんせー目がけて撃ちまくるが、絶対防衛形態だから全く動じない。でもガストロはここで本当に手も足も出ない殺せんせーをさらうべきだったね。犯人の目的が殺せんせーの捕獲なんだから。

とは言っても名前を示して行動を指示しているから、何度も繰り返されるうちに丸わかりだぜと言うガストロ。しかし次のステップでは生徒達の出席番号で動きを指示して今までの情報を分からなくする。そのうちにポニーテールだの、挙句は寺坂がメイド喫茶に行ってはまりかけてるとかw
参考資料

愈々速水と千葉の出番。相手に察知されていない速水が撃ち、千葉がそれをフォローしろと。そしてここで殺せんせーから表情を表に出さない二人にアドバイス。表情が変わらない二人はそれ故に勝手な期待を押し付けられて来た事だろう。その期待に応えないとならないと言うプレッシャーを感じただろう。でも今は違う、何かあっても他の生徒と一緒にシャッフルしてまた狙うのだから、みんながここに居るのだから安心しなさいと。

だがガストロは出席番号12番が場所を動いておらず、そしてある場所では息の荒いヤツがいる、そこに出現したら撃ってやろうと考えていた。ここで殺せんせーが出席番号12番、立って狙撃!と叫んだのでガストロは直ちにそこを銃撃。でもこれは案山子だった。速水は別の場所にいて撃つ。

弾はガストロに当たらない。外したなと言うガストロだったが速水が狙ったのは吊り照明。これがガストロを直撃して体勢が崩れたところを千葉が今度こそ銃を撃って弾き飛ばす。あとは寺坂達が寄ってたかってガムテープで縛り上げた。

愈々最上階。気配を殺して近づく渚達だったが、そこに居た男は、ワクチンが入っていると思われるトランクにくっつけた爆弾のスイッチを、その場に大量にばら撒いた。どれか一つでもスイッチをいれたらワクチンはおしまいだと言う、その男はあの鷹岡だった。
参考資料

椚ヶ丘中学校で中学生に負けて帰ったと噂された鷹岡は隊の中での評判もすっかり下がってE組の生徒達、特に渚に恨みを抱いて復讐に及んだのだ。

トランクを持った鷹岡は屋上に来いと全員を屋上に連れ出す。そしてもう一度ちゃんとした勝負をしようと渚を指名した。

その前にまずは前の勝負はズルをして勝ったと土下座して謝れと渚に強要する。渚はウィルスで苦しんでいるクラスメートの為に無表情で土下座して謝罪。

だがそんな渚の行為を無にすべく鷹岡はスイッチを入れてトランクの中のワクチンを消し飛ばした。

渚の絶望的な表情を嗤う鷹岡。しかしおそらく鷹岡は渚の真の暗殺者としてのスイッチを入れてしまった事だろう。

と言う事で、次回の勝負は渚側が勝つんじゃないかと思うが、消滅した、と思われたワクチンはどこから出て来るんだろうね。

|

« パンチライン・第10話 | Start | プラスティック・メモリーズ・第11話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61738086

Folgende Weblogs beziehen sich auf 暗殺教室・第21話:

« パンチライン・第10話 | Start | プラスティック・メモリーズ・第11話 »