« 舞台探訪・ハロー!!きんいろモザイク・第5話までの実籾と臼井 | Start | パンチライン・第5話 »

ミカグラ学園組曲・第5話

露店と言うか、模擬店が出ているミカグラ学園。ルーキー戦ってお祭りなのか。第1戦を勝ち抜いたエルナが既にお祭りを満喫する気分でタコ焼きを次から次へと買っている。こんなに買ってポイントは大丈夫なのかとビミィに言われて初めて気が付くエルナ。これだけ大雑把な性格じゃないとあれだけ常に明るく出来ないのかもしれない。

だから星鎖に会うとさっそく妄想が始まって勝利を祝って祝福のハグをなどとタコ焼き相手にしている。星鎖、このエルナの妄想に未だ慣れていないのか。以前ならこのままエルナを放置していたかもしれないが、星鎖がエルナにつきあって露店巡りしている。しかもタコ焼き食べながら。

ふと見ると華道部の湊川が射的の露店をやっている。とっても暗い雰囲気で。華道部は幽霊部員ばかりだからいつも一人で居るみたいだが、この露店も一人でやっている。とっても暗い雰囲気で。
参考資料

誰もやろうとしていないので、射的の景品を見てみたらぱっとしないぬいぐるみばかり。そしてその中に等身大のスーパーミラクルマンのぬいぐるみも。こんなもの弾が当たっても倒れないだろ。

どうやら景品は全部湊川が実家から持って来た私物のぬいぐるみらしい。中古品だからスーパーミラクルマンも足元がちょっと破けてたりする。そして湊川は実はトイレに行きたかったらしい。だからあれだけ暗い顔していたのか。イベントへの一人参加ってトイレとか困るんだよね。そこでここはエルナが代わりの店番をしてやる事になった。

エルナが湊川に代わって客の呼び込みをする。湊川がやっていた時よりはマシだけど、それでも射的をやろうと言う人が居ない。そこに聞き覚えのあるアホ声だなと赤閒がやって来た。それに対してエルナが聞き覚えのある嫌みだと返すのだが、この動じなさは大したものだ。

赤閒、鎮座ましますスーパーミラクルマンの等身大ぬいぐるみを見て興奮。とても欲しそうなそぶりを見せつつ、言葉ではちょっとやってみようかなと言う感じで射的を始めた。当然お目当てのスーパーミラクルマンを撃つのだが、まあ的は大きいけど質量も大きそうだから当たっても倒れない。そりゃ倒れんだろ。しかし周囲は射的屋によくあるちゃんと当たっても倒れないインチキと見なしはじめた。

これは悪い評判が立ってまずいと次々と新しいライフルを渡すエルナだが、赤閒は全部失敗。
実は湊川の方もあのスーパーミラクルマンを渡すまじと植物の蔦を使って固定していた。それに対して星鎖が挑戦する。星鎖と湊川の勝負になったのだが、星鎖が狙ったのはアンモナイトみたいなぬいぐるみ。でもそれとても失うと涙する湊川。そんな大事なぬいぐるみを景品に持って来るなよ。


やっぱりちゃんとした甘い物を食べたくて星鎖はクレープ屋に行くが、そこには先客として九頭竜が居た。九頭竜はみかけからお店の子にここはクレープ屋ですよとびくつかれていたところだった。それを一旦はフォローしてやる星鎖だったのに、クレープ屋から生地があと一人分しかないと言われると手のひらを返してこの人は噛みつくから気をつけてと。

演劇部の二人もエルナは忘れていたがちゃんと第1戦を勝ち抜いていた。二人からまさか僕達の試合忘れてたの?と聞かれてエルナ、
「ままま、まさかのマッカーサー元帥だよ」
って、お前は何歳だよエルナ。
参考資料

そんな感じで模擬店の方は盛り上がっていたが、本来のルーキー戦も第2戦が始まろうとしている。そして注目のルーキーもリストアップされていた。1位があの射水って、あの弱さでどうしていつも期待度がトップになるかな。

他の注目のルーキーを見ていると、その中でうさ丸は吹奏楽部の子に注目する。今をときめく吹奏楽部ですね!吹奏楽部一年の相良あづみと第2戦を戦うと知って戦いを通じて愛が芽生えるとか、こっちも勝手な妄想を始める。

この後演劇部の二人と美術部で得体の知れない定義の似顔絵を頼んだエルナ。結局どうなったのか分からないが、どんな絵になったか見たかったな。そして仲良く二人でクレープを食べながら歩く星鎖と九頭竜。クレープの生地が一人分しかないと言っていたのは何だったのか。

そうするうちにエルナの第2回戦。テンションマックスだけ聞こえて勝負も見せずに終わってしまった。勝ったらしいけど、そんな安易な勝利でいいのか。

勝利を祝って二宮から着電。祝勝会をやろうと言うので、みんなを誘って行きたいと言うエルナに、でも九頭竜は来ないんじゃないかなと。九頭竜、そう言えばいつも一人でぶらついてるよね。何か個人事情があるのか。似顔絵の所に行っても居なかったし。

などとやっていたら、うさ丸達の試合の時間になっていてまた見逃すところだった。でも会場に入ってみたら何か雰囲気がおかしい。うさ丸は相良との対戦を楽しみにしていたのに、その相良は性格的に曲者で、重力を扱う能力のモルト・アクセントでうさ丸をすっかり手玉にとったまま、最後のクリスタルを壊さずに弄んでいた。
参考資料

エルナに声援を送られてなんとか立ち上がったうさ丸にまだ抵抗するかとトドメをさして、なに頑張ってるのそんなの興ざめなんですけどと言い捨てた。この勝負に胸くその悪さを感じた星鎖、これだから対抗戦はと吐き捨てて出て行った。

でもエルナならこのあとうさ丸やトンきゅんの空気を変えてくれるんじゃないかな。

|

« 舞台探訪・ハロー!!きんいろモザイク・第5話までの実籾と臼井 | Start | パンチライン・第5話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61554800

Folgende Weblogs beziehen sich auf ミカグラ学園組曲・第5話:

« 舞台探訪・ハロー!!きんいろモザイク・第5話までの実籾と臼井 | Start | パンチライン・第5話 »