« 山田くんと7人の魔女・第6話 | Start | 響け!ユーフォニアム・第7話 »

ハロー!!きんいろモザイク・第7話

日本は四季がはっきりしているねと言う会話から、イギリスは一日のうちに天気が変わりやすいと言う話になって、時々カレンが降って来るそうだ。良い天気だなw
参考資料

そのカレン、夏モデルにチェンジ。袖をびりびりっと破いてノースリーブにしていた。綾と陽子も合流してなんだそのノースリーブはと笑うが、また久世橋先生に怒られるぞと言う流れになるとカレンも穏やかではいられない。ましてやこれが両親の呼び出しにまで発展しそうだと聞くと、ママを恐れるカレンが陽子にどうかこの事は内密にと懇願する。おんぶまでして。

もうすぐ夏休みだと言うのに対して未だ二ヶ月あると言う会話があったので、丁度今位の季節らしい。校門に立っている烏丸先生と久世橋先生が生徒に夏服が増えましたねと言っていたが、この学校は好きな時期に変えて良いのか。久世橋先生はあの格好でクールビズだそうだが、変わってないんじゃ。烏丸先生のクールビズは逆。

ママが怖いカレンだが、パパとは仲良しでそのパパから電話があった。電話を聞いたカレンはうきうきで今日は一人で先に帰る。限定品のネックレスを入手してくれたらしい。ところが夜になって大宮家にカレンが駆け込んでくる。限定品ネックレスを手に入れたよと言うのはパパのジョークだったらしいが、どうしてこんなジョークをやっちゃったのか。欲しかった物がジョークだったと言われてパパと喧嘩したカレンが大宮家に家出して来たのだ。一応ママには連絡して。

驚く忍とアリスの二人だが、忍の母、金髪の子が二人になるなんてと大喜びである。勇も入れて四人分の夕食を用意して四人で夕食・・・随分質素だな、大宮家の構えにしては。まあ私の夕食より豆腐が一品多いけど。先に食べ終わったカレンが食器を片付けて洗い物を手伝い始めると、アリスが黙っていられない。急いで食べ終わって自分も手伝うと言い出す。なんと言うか、高校生より小学生w

忍はカレンが制服を着たままだと制服がしわになると言って自分の服を貸してやる。カレンには似合うが、勇に言わせると忍には似合わなかったヤツだと。でも忍の服っていつもとってつけた様な服で似合うとか似合わないとかそれとは別のレベルの気がする。

大宮家で馴染むカレンだが、そうは言ってもちゃんとパパと仲直りした方が良いよと言うアリスのアドバイスもあって、カレンはパパに電話をしてみた。すると、なんと言う事でしょう、パパの権力で限定品ネックレスを手に入れたとの事。喜ぶカレンだが、あまり親にそう言う事させちゃいかんよ。大人になってから後悔するって、絶対。

この喜びを分かち合おうと綾や陽子に電話するカレン。この作品、イギリス人の二人は本当に無邪気だ。夜も更けて(22時だけど)、忍が眠くなって就寝へ。カレンは私と一緒にベッドでと忍が言うと、アリスがカレンは寝相が悪いからベッドで一緒は危険だよと言う。でも忍の返しが酷い。カレンを奥の方にするからベッドから落ちてもアリスが居るから大丈夫だと。
参考資料

翌朝、忍もカレンも起きないので、じゃあ10数えるうちに起きなよと言ったアリスだが、そのアリスが寝ちゃった。あれで寝るか、アリス。翌朝はいつもの忍とアリスに加えてカレンも一緒の登校。

お昼のお弁当の時間に忍が自分の知らない時代のアリスの話が聞きたいと言ったので、カレンがしてあげる。忍がホームステイした後、日本に目覚めたアリスがカレンパパの指導で日本語の勉強を始める。ちなみにそれは五十音じゃなくていろはだから。アリスが日本語の勉強に没入して遊んでくれないので、つまんないと言って帰り道についたカレンだったが、ふとカレンが居なくなったのに気が付いたアリスがカレンの後を追ってみるとカレンの靴だけが道に取り残されてカレンの姿が見えない。

実はカレンは足を滑らせて川辺の草原の中に落ちていたのだ。しかし足を挫いて自力で脱出不可能。アリスが探しに来たものの、呼びかけられずに一旦は見つけてもらいそこねる。このままではどうなってしまうのかと思ったカレンがアリスの言葉を思い出した。日本語では「ツーと言えばカーだよ」と言う言葉で、ツーで反応して貰おうと、「ツー」と叫ぶカレン。アリスはそれに気が付いた。

アリスに見つけて貰って喜ぶカレン。抱きついて「ツー」を連呼。何の事か分からないアリスだが、それってラテン系言語の親称の二人称の「tu」ですよ。(嘘
参考資料

そんな昔話をしたと思ったら、実際にまた足を痛めてしまったカレン。いつもどおり臼井の駅で降りて帰り道につくが、今日はカレンを送って行くねと言うアリス。一緒に行きたがった忍だが、今日は二人にさせようよと言う陽子に止められる。

でもその忍、アリスが帰って来てみたら小学生みたいな高校生の女の子が30分経っても未だ帰って来ないと、おそらく警察らしき所に電話していたw


今回、学校に行く時にいつも実籾の駅では北口に降りている忍達が踏み切りを渡って高校のある南口側に行っている描写があった。以前から高校は駅の南側なのになと思っていたが、北口で降りて踏み切りを渡る通学してたんだね。でも何故南口から降りない。まあ北口の方が絵にはなりますが。

そしてジョリーパスタのある交差点のドルチア佐倉店の前でカレンは忍達と分かれるのが第5話で描写されていたものの、やっぱりカレンの家の方向は染井野の住宅街をもっと南東の奥に進んでからの七井戸公園の前を歩いている方向にある。ここは整合性は取れないが、厳密な整合性を取らないといけない作品でもないので。
参考資料

|

« 山田くんと7人の魔女・第6話 | Start | 響け!ユーフォニアム・第7話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61614414

Folgende Weblogs beziehen sich auf ハロー!!きんいろモザイク・第7話:

« 山田くんと7人の魔女・第6話 | Start | 響け!ユーフォニアム・第7話 »