« えとたま・第1話 | Start | パンチライン・第1話 »

放課後のプレアデス・第1話

天体望遠鏡を持ってすばるが家を出る。この道での風景が衝撃的で、何か古い乗用車があるなあと思ったがバスが凄い。何だそのモノコック構造のバス。
参考資料
バスから降りた子あおいがすばるの知り合いの様にも見えたが、同時に疎遠の様にも見えた。

すばるが学校に行って展望室(あとからそう言ったので、それと分かる)に入ろうとしたら、何かが発動して入った場所が温室の様な場所。そこには男の様な女の様な人物が居た。

すばるがその部屋から出るとそこは本来の展望室に戻っている。その頃には外は雨になっていてしまって、星を見るどころではなくなっていた。今度は何かを踏みつけたが、それにコンパスを取られてある教室に入るとそこはさっきの展望室の様に別の空間の様な所となっている。その場所にはおジャ魔女どれみのコスプレをした様な4人がいる。しかもその内の一人はさっきバス停でみかけたあおい。
参考資料

すばるとあおいの二人は昔は仲良しだったのに、高校に入る時に齟齬があったらしい。

すばるにも魔法のステッキぽいのが出て外を飛べる様になる。その飛行音が車のエンジンみたいな音だが、車のマニアが聞けばどの車の音かわかるのだろうか。鉄オタがVVVFインバーター制御によるモーター音が聞き分けられる様に。

彼女らのやっている事はプレアデス星人の会長の船のエンジンを回収する仕事だった。4人は何だか軽い気持ちでやってる雰囲気がある。確かにどんな得があって手伝っているのか分からない。

今迄4人でやっていたのが5人でやると大きなエンジンでも固定出来る様になる。今回捕獲しかけた大きなエンジンはさっき温室にいたヤツじゃないかと思われる者に奪われるものの、すばるの所にも小さいかけらは残された。
参考資料


元々がスバル(富士重工)とGAINAXのアニメプロジェクトとしてYouTubeで公開されたのがあったと言うのは知っていたが、自動車会社の話だったので当時はほとんど見なかったが、こんな感じだったのだろうか。ちょっと内容に掴み所が無い。雰囲気にファンタジスタドールっぽさがあると、Twitterで噂になっていたが、ああいうおかしさもやってくれるのだろうか。

|

« えとたま・第1話 | Start | パンチライン・第1話 »

TrackBack

TrackBack-Adresse für diesen Eintrag:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598/61419712

Folgende Weblogs beziehen sich auf 放課後のプレアデス・第1話:

« えとたま・第1話 | Start | パンチライン・第1話 »